成果情報

【MRI支援担当:青木茂樹(順天堂大学)】[2022.05.10]
辻村啓太 特任講師(名古屋大学)の論文が Frontiers in Neuroscience に掲載されました


発達障害レット症候群モデルの脳構造異常を特定
~広範な発達障害の診断や治療法の開発に貢献~

Akaba Y., Shiohama T., Komaki Y., Seki F., Ortug A., Sawada D., Uchida W., Kamagata K., Shimoji K., Aoki S., Takahashi S., Suzuki T., Natsume J., Takahashi E., Tsujimura K. Comprehensive Volumetric Analysis of Mecp2-Null Mouse Model for Rett Syndrome by T2-Weighted 3D Magnetic Resonance Imaging. Frontiers in Neuroscience 16, (2022) DOI:10.3389/fnins.2022.885335

<概要>本研究では、MeCP2遺伝子を欠損したレット症候群モデルマウス 脳を、最新の磁気共鳴イメージング(MRI)の手法により詳細に解析し、複数の脳領域の体積減少や、左右差の異常を特定することに 成功しました。ABiS・MRI支援(支援担当:青木茂樹・下地啓五)では、初期段階からのMRI解析技術コンサルテーションおよび技術指導による支援を行いました。

プレスリリース プレスリリース(名古屋大学のウェブサイト)

最新成果ニュース

成果 2022.06.16
成果 2022.06.09
成果 2022.05.16
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.03.31
成果 2022.03.28
成果 2022.03.17
もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問