成果情報

【光学顕微鏡支援担当:中垣俊之・三上秀治(北海道大学)】[2022.01.28]
佐藤長緒 准教授(北海道大学)の論文が The Plant Cell に掲載されました


栄養バランスに応じた植物の生育制御に必要な細胞内の交通整理タンパク質を発見~不安定な栄養環境でも安定した植物成長を可能にする仕組みの解明に期待~

Hasegawa Y., Reyes T.H., Uemura T., Baral A., Fujimaki A., Luo Y., Morita Y., Saeki Y., Maekawa S., Yasuda S., Mukuta K., Fukao Y., Tanaka K., Nakano A., Takagi J., Bhalerao R.P., Yamaguchi J., Sato T. The TGN/EE SNARE protein SYP61 and the ubiquitin ligase ATL31 cooperatively regulate plant responses to carbon/nitrogen conditions in Arabidopsis. The Plant Cell, (2022) DOI:10.1093/plcell/koac014

<概要>我々ヒトと同様に、栄養バランスの乱れは様々なかたちで植物の成長に悪影響を及ぼします。本研究では、細胞内の膜交通制御因子であるSNAREタンパク質SYP61が植物における糖と窒素バランスの乱れ(C/Nストレス)への耐性付与に重要な役割を果たすことを明らかにしました。さらに、SYP61の機能がユビキチン化修飾によって制御される可能性が示され、環境ストレスに応じた膜交通制御機構について新たな知見が得られました。ABiS・光学顕微鏡支援(支援担当:中垣俊之・三上秀治)では、共焦点顕微鏡を使用し、植物細胞内のタンパク質局在解析の支援を行いました。

プレスリリース プレスリリース(北海道大学のサイト)  

最新成果ニュース

成果 2022.08.04
成果 2022.06.16
成果 2022.06.09
成果 2022.05.16
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.03.31
成果 2022.03.28
もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問