成果情報

【MRI支援担当:青木茂樹(順天堂大学)・笠井清登(東京大学)】[2021.08.04]
東山雄一 助教(横市立大学)の論文がJournal of Parkinson’s Diseaseに掲載されました


Hamada T., Higashiyama Y., Saito A., Morihara K., Landin-Romero R., Okamoto M., Kimura K., Miyaji Y., Joki H., Kishida H., Doi H., Ueda N., Takeuchi H., Tanaka F. Qualitative Deficits in Verbal Fluency in Parkinson’s Disease with Mild Cognitive Impairment: A Clinical and Neuroimaging Study. Journal of Parkinson’s Disease, (2021) DOI:10.3233/JPD-202473

<概要>本研究では、認知機能検査の一つである“語流暢性課題”の質的検討を行うことで、パーキンソン病の軽度認知障害を高い感度・特異度で診断できることを示し、さらに安静時fMRI解析を行うことで、本検査結果が脳の大規模ネットワークの一つであるsalience networkの機能的結合性の低下と有意に相関することを示しました。ABiS・MRI支援(支援担当:青木茂樹および笠井清登)では、画像の解析支援を行いました。

最新成果ニュース

成果 2022.08.04
成果 2022.06.16
成果 2022.06.09
成果 2022.05.16
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.03.31
成果 2022.03.28
もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問