成果情報

【電子顕微鏡支援担当:渡辺雅彦(北海道大学)】[2020.11.05]
橋本浩一 教授(広島大学)の論文が Journal of Physiology に掲載されました


Kv11型電位依存性カリウムチャネルが神経細胞の膜電位のオシレーションに必須であることを解明

Matsuoka T., Yamasaki M., Abe M., Matsuda Y., Morino H., Kawakami H., Sakimura K., Watanabe M., Hashimoto K. Kv11 (ether-a-go-go-related gene) voltage-dependent K(+) channels promote resonance and oscillation of subthreshold membrane potentials. Journal of Physiology 599, 547-69 (2021) DOI:10.1113/JP280342

<概要>本研究では、神経細胞のresonance特性に関与するイオンチャネルの解析を行いました。イオンチャネルの発現実験や組み換えマウスの解析を行い、Kv11.3電位依存性K+チャネルが関与することを見出しました。 ABiS・電子顕微鏡支援(支援担当:渡辺雅彦・山崎美和子)ではKv11.3のIn situ hybridizationとKv11.3抗体の作成および免疫組織化学的観察の支援を行いました。

プレスリリース プレスリリース(広島大学のウェブサイト)   

最新成果ニュース

成果 2022.10.13
成果 2022.10.13
成果 2022.08.04
成果 2022.06.16
成果 2022.06.09
成果 2022.05.16
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問