成果情報

【光学顕微鏡支援:根本知己(北海道大学)】[2018.09.19]
宮武由甲子 助教(北海道大学)の論文が Scientific Reports に掲載されました


初めて見えた! 生きている悪性新生物の動き
– がん組織の挙動を体外で再現できる基板を開発,安価な創薬への貢献に期待 –

Miyatake Y., Kuribayashi-Shigetomi K., Ohta Y., Ikeshita S., Subagyo A., Sueoka K., Kakugo A., Amano M., Takahashi T., Okajima T., Kasahara M. Visualising the dynamics of live pancreatic microtumours self-organised through cell-in-cell invasion. Sci Rep 8, 14054 (2018) DOI:10.1038/s41598-018-32122-w

<概要>本研究では、培養がん細胞が自ら微小ながん腫瘍組織を形成、成長しながら動き回る様子を観察できるマイクロナノ基板を開発することにより、がん腫瘍組織の攻撃的かつ戦略的といえる挙動を世界で初めて動画で捉えることに成功し、がん腫瘍組織が、あたかも一つの飢えた生き物のように餌を求めて這いずり回ることを発見しました。ABiS・光学顕微鏡支援(支援担当:根本知己)では、共焦点顕微鏡や蛍光顕微鏡を使用する支援を行いました。

プレスリリース プレスリリース(北海道大学(日本語)のサイト)  

最新成果ニュース

成果 2022.08.04
成果 2022.06.16
成果 2022.06.09
成果 2022.05.16
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.03.31
成果 2022.03.28
もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問