成果情報

【光学顕微鏡支援:藤森俊彦(基礎生物学研究所)】[2018.06.07]
菊池浩二 講師(熊本大学)の論文が EMBO Reports に掲載されました


組織の形成に関わる、細胞の「かたち」や「ならび」を調節する新しい仕組みの解明

Kikuchi K., Nakamura A., Arata M., Shi D., Nakagawa M., Tanaka T., Uemura T., Fujimori T., Kikuchi A., Uezu A., Sakamoto Y., Nakanishi H. Map7/7D1 and Dvl form a feedback loop that facilitates microtubule remodeling and Wnt5a signaling. EMBO Rep (2018) DOI:10.15252/embr.201745471

<概要>本研究では、微小管結合タンパク質であるMap7とMap7D1(Map7/7D1)がWnt5aシグナル経路の構成分子群の1つであるDvl2と結合して、Wnt5aシグナル経路と微小管動態を相互にリンクする事を明らかにしました。また、Map7/7D1が上皮組織を構成する上皮細胞の平面内細胞極性の形成に関与する可能性を明らかにしました。ABiS・光学顕微鏡支援(支援担当:藤森俊彦)では、共焦点レーザー顕微鏡による解析の一部を支援しました。

プレスリリース プレスリリース(熊本大学のサイト)

最新成果ニュース

成果 2022.08.04
成果 2022.06.16
成果 2022.06.09
成果 2022.05.16
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.03.31
成果 2022.03.28
もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問