成果情報

【電子顕微鏡支援:村田和義(生理学研究所)】[2017.12.12]
宮川剛 教授(藤田保健衛生大学)の論文が Molecular Brain に掲載されました


Nakao A., Miyazaki N., Ohira K., Hagihara H., Takagi T., Usuda N., Ishii S., Murata K., Miyakawa T. Immature morphological properties in subcellular-scale structures in the dentate gyrus of Schnurri-2 knockout mice: a model for schizophrenia and intellectual disability. Mol Brain 10, 60 (2017)DOI:10.1186/s13041-017-0339-2

<概要>本研究では、統合失調症および知的障害のモデルと考えられる Schnurri-2ノックアウトマウスにおいて、脳の海馬歯状回における未成熟な形態学的特徴を示すことに成功しました。ABiSE08クライオ電子顕微鏡支援 (支援担当:村田和義)では、Shn2 KOマウスの脳海馬歯状回顆粒細胞における細胞内構造の3次元形態解析を、連続ブロック表面走査型電子顕微鏡(SBF-SEM)を使って支援を行いました。 この結果、Shn2 KOマウスでは、スパインの長さの増加および直径の減少からなる未成熟樹状突起の形態が見られました。また、核の体積およびくびれたミトコンドリアの数の有意な減少、細胞体の密度の上昇も見られました。

最新成果ニュース

成果 2022.08.04
成果 2022.06.16
成果 2022.06.09
成果 2022.05.16
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.03.31
成果 2022.03.28
もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問