成果情報

【光学顕微鏡支援担当:東山哲也(名古屋大学)】[2016.12.16]
宇野何岸 学振特別研究員(名古屋大学)の論文が An Asian Journal に掲載されました


非対称性シアニン色素の高蛍光量子収率の鍵構造を同定

Uno K., Sasaki T., Sugimoto N., Ito H., Nishihara T., Hagihara S., Higashiyama T., Sasaki N., Sato Y., Itami K. Key Structural Elements of Unsymmetrical Cyanine Dyes for Highly Sensitive Fluorescence Turn-On DNA Probes. Chemistry – An Asian Journal 12, 233-8 (2017)DOI:10.1002/asia.201601430

<概要>本研究では、SYBR-GreenⅠに代表される非対称性シアニン色素が示す高い蛍光量子収率の鍵となる構造を同定し、この知見をもとにヘテロ原子置換やシアニンの共役拡張を施すことで、吸収・蛍光波長の長波長化を実現し可視光領域を幅広く網羅する一連の非対称型DNA染色色素の開発に成功しました。ABiS・光学顕微鏡支援(支援担当:東山哲也・佐藤良勝)では共焦点顕微鏡による細胞イメージング解析を支援しました。

最新成果ニュース

成果 2022.08.04
成果 2022.06.16
成果 2022.06.09
成果 2022.05.16
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.03.31
成果 2022.03.28
もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問