成果情報

【電子顕微鏡支援担当:小池正人(順天堂大学)】[2023.07.20]
西田友哉 准教授(順天堂大学)の論文が Biochemical and Biophysical Research Communications に掲載されました


Kanai A., Nishida Y., Iwamoto T., Yokota M., Aoyama S., Ueki K., Ito M., Uzawa H., Iida H., Koike M., Watada H. Genome-wide screening for regulators of degradation of insulin secretory granules with a fluorescent reporter. Biochemical and Biophysical Research Communications 676, 132-140 (2023) DOI:10.1016/j.bbrc.2023.07.040

<概要>本研究では、インスリン分泌顆粒分解機構解明のため、インスリン分泌顆粒分解をモニターする蛍光レポーターを開発し、栄養飢餓により誘導されるインスリン分泌顆粒分解がリソソーム依存的であることを発見しました。さらにその蛍光レポーターを用いたゲノムワイドスクリーニングにより、インスリン分泌顆粒分解においては従来型オートファジーとは別の機構が関与していることを明らかにしました。ABiS・電子顕微鏡支援(支援担当:小池正人)では、栄養飢餓誘導とリソソーム阻害剤処理を行ったMIN6細胞における、インスリン分泌顆粒含有リソソームを評価する支援を行いました。

最新成果ニュース

成果 2024.02.15
成果 2024.02.02
成果 2023.12.08
成果 2023.11.13
成果 2023.11.08
成果 2023.11.01
成果 2023.10.16
成果 2023.08.07
成果 2023.07.25
成果 2023.07.07
もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問