木森 義隆

木森 義隆KIMORI YOSHITAKA

福井工業大学 環境情報学部・教授

YouTube
支援紹介動画はこちらから
木森 義隆 KIMORI YOSHITAKA

顕微鏡や医療モダリティで撮影された画像に対し、画質改善や形態情報の抽出・解析・可視化等を支援します。私たちが画像から対象を認識するためには、視認しにくい構造を強調・抽出し、2D、3Dで可視化する必要があります。また、解析対象を定量的に把握するためには、対象の性質や特徴に応じた効果的な解析手法を適用することが必須になります。本支援では、このようなニーズを満たす技術支援を行い、課題解決に取り組みます。

 

微細構造の強調画像

微細構造をもつ解析対象の強調やノイズ、アーチファクトの除去等を行い、原画像をより「見易い画像」に変換します。

画像01
 

 

2Dスタック画像から作成された3D再構築

3D可視化を行い、複雑な構造の位置関係の把握や各種の計測等を行います。

画像02

 

画像処理アルゴリズムの設計

課題解決に適した、画像情報の処理・解析に関するアルゴリズム開発から計算機実装まで実施します。

画像03

 

画像中の形態情報の抽出

画像中の形態情報の抽出を行い、解析対象の特徴である、テクスチャ、形態、分布等の定量化を行います。

画像04

 

ディープニューラルネットワークによる画像認識

ディープニューラルネットワークモデルを構築して、画像分類やセグメンテーション等の課題に取り組みます。

画像05

 

支援チームへ戻る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問