Imaris実習 2018


本実習は終了いたしました

報告書を掲載しています。LinkIcon Imaris_2018_report.pdf

日程:2018年5月24日(木)- 25日(金)
場所:基礎生物学研究所 1階 会議室(明大寺地区)
主催:基礎生物学研究所 生物機能解析センター 光学解析室
共催:新学術領域研究・学術研究支援基盤形成「先端バイオイメージング支援プラットフォーム」
協力:カールツァイスマイクロスコピー株式会社・Bitplane社 


1.  目的
ライフサイエンス用の多次元画像解析ソフトウェアの一つである「Imaris]について、その操作方法の習得を目的に、講義とコンピュータを用いた演習を組み合わせて行います。


2.内容
・Imarisの概要照会(講義)
・Imarisの基本操作(演習①)
・3D動画の作成(演習②)
・体積、輝度、形状等の測定(演習③)
・タイムラプスデータのトラッキング解析(演習④)
・多重蛍光染色データの3D共局在解析(演習⑤)
・神経など繊維構造の3D解析と計測(演習⑥)
・細胞内の構造物の解析(演習⑦)
・受講者が直面している課題についてサポート(要データ)


3.講師
山口 雅子 (カールツァイスマイクロスコピー株式会社)
小関 重光 (Bitplane社)
亀井   保博  基礎生物学研究所


4.スケジュール
5月24日(木)
12:30-13:00      受付(基礎生物学研究所 1F玄関(研究交流室))
13:00-14:00      公開セミナー (Imarisの概要紹介、Airyscan Fastのご紹介)
14:00-14:15      休憩
14:15-16:30      Imaris 実習(1)基本編(講義と演習①~③、休憩含む)
 
5月25日(金)
9:20-9:50          画像解析のための顕微鏡画像取得の基本(基生研・光学解析室 亀井)
9:50-10:00        休憩
10:00-12:00      Imaris 実習(2)応用編 (講義と演習④~⑦)
12:00-13:30      昼休み
13:30-17:00      ハンズオン (あらかじめ希望があった方、1件当たり30~45分で対応。)


5.会場
基礎生物学研究所 1階 会議室 (111室)


6.受講対象
大学または研究機構に属し、生物画像を取り扱う方(学生・院生を含む研究者、研究支援に携わる方)。


7.実習で使用するPCについて
主催者側で用意します。


8.申込方法 
申込フォーム(Word) (PDF) をダウンロードし、必要事項をご記入の上、下記メールアドレスまで送信してください。
bi2meet [at] nibb.ac.jp 

申込〆切 : 2018年4月20日(金)
<応募内容>
・名前
・所属(○○大学大学院○○学研究科、○○研究室など)
・学年または職位(博士課程後期〇年など)
・連絡先(所属の住所、電話番号、E-mailアドレス)
・Imarisの使用経験の有無
・特に興味のある解析等
・その他の画像解析ソフトの使用経験の有無(ソフトの種類、経験年数、目的、頻度など)
・現在の研究内容(簡単に)
・Imarisを用いて解決したい課題の有無と内容
・自身または所属研究室主催者が科研費を持っている場合は種目(代表者名:基盤Cなど)を記入してください。(選考には関係しません。)
<その他>
・ハンズオン用の画像データの取り扱いには十分注意し、外部に漏れないように配慮いたしますが、講師陣と受講者が画像を閲覧することについて、ご自身の研究責任者(研究室主宰等)の許可を得ておいてください。
・コースの様子を撮影させていただき、ホームページに掲載することがあります。あらかじめご了承ください。


9.定員
15名程度
申込み多数の場合、誠に勝手ながら主催側で選考をさせて頂きます。
参加の可否の連絡は、4月27日(金)17時までに行います。


10.参加費
無料 (ただし、茶菓代300円を徴収いたします。)


11.旅費・宿泊について   
事務局での宿の手配は三島ロッジのみとさせていただきます。ご希望の方はお問い合わせください。(2,500円/泊・数に限りがございますのでご希望に添えない場合がございます。)
旅費・宿泊費等の補助はございません。
所外のホテルのご予約は、各自でお願い致します。


12.交通アクセス
こちら
をご覧ください。


13.お問合せ
自然科学研究機構 基礎生物学研究所 光学解析室
E-mail:img [at] nibb.ac.jp
TEL:0564-55-7630