はじめに

banner_small.jpg

植物は、環境の変化に自らを順化適応させることで生き残りをはかります。光を集め、そのエネルギーを生物が利用可能なエネルギーへ変換する光合成反応においても、さまざまに環境適応が行われています。私たちは、緑藻クラミドモナスを中心とした微細藻類を用いて、変化する環境の中で、光合成装置がどのように効率よく光を集めるのか、分子レベルでの解明を目指しています。

また、サンゴやイソギンチャクの細胞に住む褐虫藻は熱帯生態系を支える大変重要な生物です。そこで行われる光合成や、彼らがいかにサンゴやイソギンチャクと共生関係を成立させているかについての研究を行っています。

研究員日誌

model.jpg
Petroutsos et al. (2016) Nature

Aiptasia.jpg
Aihara et al. (2016) Plant Phys.

review.jpg
Minagawa and Tokutsu (2015) Plant J.

maruyama_highlight.png
Maruyama et al. (2014) PCP

F5.jpg
Nagy et al. (2014) PNAS

2013Tokutsu.jpg
Tokutsu and Minagawa (2013) PNAS

F4-LEF4-3.jpg
Minagawa (2013) Front Plant Sci

F5.medium.gif
Allorent et al. (2013) Plant Cell

PSIIsc.jpg
Tokutsu et al (2012) JBC

2011BBA-Minagawa.jpg
Minagawa (2011) BBA

Figure 6.jpg
Swingley et al (2010) BBA

Fig2J6.png
Iwai, Takizawa et al (2010) Nature

FLIM.jpg
Iwai et al (2010) PNAS

Fig.4_SDG_COL.jpg
Tokutsu et al (2009) JBC

2008TPC-Iwai.jpg
Iwai et al. (2008) Plant Cell

2006Takahashi.jpg
Takahashi et al. (2006) PNAS