はじめに

植物は、環境の変化に自らを順化適応させることで生き残りをはかります。光を集め、生物が利用可能なエネルギーへの変換を行う光合成反応においても、さまざまに光環境への適応が行われています。私たちは、緑藻クラミドモナスを中心とした微細藻類を用いて、光合成装置が変化する環境の中でどのように効率よく光を集めているのか、分子レベルの解明を目指しています。

また、サンゴやイソギンチャクの細胞に住む褐虫藻は熱帯生態系を支える大変重要な生物ですが、そこで行われる光合成や、彼らがいかにサンゴやイソギンチャクと共生関係を成立させているかについての研究を行っています。

進行中のプロジェクト

学振  科学研究費補助金基盤研究(A)
    「変動光環境における光合成機能制御」
学振  二国間交流事業共同研究(日本-ベルギー)
    「海産無脊椎動物と植物プランクトン共生における環境適応の研究」
文科省 グリーン・ネットワーク・オブ・エクセレンス事業・植物CO2資源化研究拠点ネットワーク
    「バイオマス増産へ向けた光合成光エネルギー変換効率の増強」
CREST ライフサイエンスの革新を目指した構造生命科学と先端的基盤技術
    「植物の環境適応を実現する過渡的超分子複合体の構造基盤」
NEDO  バイオマスエネルギー技術研究開発 戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業
    「海洋性緑藻による油脂生産技術の研究開発」

maruyama_highlight.png
Maruyama et al. (2014) PCP

F5.jpg
Nagy et al. (2014) PNAS

2013Tokutsu.jpg
Tokutsu and Minagawa (2013) PNAS

F4-LEF4-3.jpg
Minagawa (2013) Front Plant Sci

F5.medium.gif
Allorent et al. (2013) Plant Cell

PSIIsc.jpg
Tokutsu et al (2012) JBC

2011BBA-Minagawa.jpg
Minagawa (2011) BBA

Figure 6.jpg
Swingley et al (2010) BBA

Fig2J6.png
Iwai, Takizawa et al (2010) Nature

FLIM.jpg
Iwai et al (2010) PNAS

Fig.4_SDG_COL.jpg
Tokutsu et al (2009) JBC

2008TPC-Iwai.jpg
Iwai et al. (2008) Plant Cell

2006Takahashi.jpg
Takahashi et al. (2006) PNAS

maruyama_highlight.png
Maruyama et al. (2014) PCP

F5.jpg
Nagy et al. (2014) PNAS

2013Tokutsu.jpg
Tokutsu and Minagawa (2013) PNAS

F4-LEF4-3.jpg
Minagawa (2013) Front Plant Sci

F5.medium.gif
Allorent et al. (2013) Plant Cell

PSIIsc.jpg
Tokutsu et al (2012) JBC

2011BBA-Minagawa.jpg
Minagawa (2011) BBA

Figure 6.jpg
Swingley et al (2010) BBA

Fig2J6.png
Iwai, Takizawa et al (2010) Nature

FLIM.jpg
Iwai et al (2010) PNAS

Fig.4_SDG_COL.jpg
Tokutsu et al (2009) JBC

2008TPC-Iwai.jpg
Iwai et al. (2008) Plant Cell

2006Takahashi.jpg
Takahashi et al. (2006) PNAS

maruyama_highlight.png
Maruyama et al. (2014) PCP

F5.jpg
Nagy et al. (2014) PNAS

2013Tokutsu.jpg
Tokutsu and Minagawa (2013) PNAS

F4-LEF4-3.jpg
Minagawa (2013) Front Plant Sci

F5.medium.gif
Allorent et al. (2013) Plant Cell

PSIIsc.jpg
Tokutsu et al (2012) JBC

2011BBA-Minagawa.jpg
Minagawa (2011) BBA

Figure 6.jpg
Swingley et al (2010) BBA

Fig2J6.png
Iwai, Takizawa et al (2010) Nature

FLIM.jpg
Iwai et al (2010) PNAS

Fig.4_SDG_COL.jpg
Tokutsu et al (2009) JBC

2008TPC-Iwai.jpg
Iwai et al. (2008) Plant Cell

2006Takahashi.jpg
Takahashi et al. (2006) PNAS

Maruyama et al. (2014) PCP


maruyama_highlight.png
Maruyama et al. (2014) PCP

F5.jpg
Nagy et al. (2014) PNAS

2013Tokutsu.jpg
Tokutsu and Minagawa (2013) PNAS

F4-LEF4-3.jpg
Minagawa (2013) Front Plant Sci

F5.medium.gif
Allorent et al. (2013) Plant Cell

PSIIsc.jpg
Tokutsu et al (2012) JBC

2011BBA-Minagawa.jpg
Minagawa (2011) BBA

Figure 6.jpg
Swingley et al (2010) BBA

Fig2J6.png
Iwai, Takizawa et al (2010) Nature

FLIM.jpg
Iwai et al (2010) PNAS

Fig.4_SDG_COL.jpg
Tokutsu et al (2009) JBC

2008TPC-Iwai.jpg
Iwai et al. (2008) Plant Cell

2006Takahashi.jpg
Takahashi et al. (2006) PNAS