光学顕微鏡支援

ヘッドマウント顕微鏡によるカルシウムイメージング支援

研究支援担当者:菅谷 佑樹
東京大学・大学院医学系研究科

小型のヘッドマウント顕微鏡(重さ2g)によるカルシウムイメージングの支援を行います。顕微鏡をマウスの頭に直接固定し、カルシウム指示タンパクを併用することで、自由行動下のマウスにおいて一度に数百の細胞の活動の計測が可能です。本技術支援では、屈折率分布型レンズ(GRINレンズ)と組み合わせることで、自由行動下における脳深部の細胞の活動や層ごとの細胞の活動の計測も可能です。使用するマウスではウイルスベクターや遺伝子改変によりGCaMPなどの緑色カルシウムインジケーターをあらかじめ発現させておく必要があります。

  • ヘッドマウント顕微鏡を用いた自由行動下のマウス歯状回顆粒細胞のカルシウムイメージング。中心部分の細胞の蛍光強度の時間変化を下に示す。

  • 歯状回で活動が記録できた細胞の視野内での分布と中心の細胞のカルシウムシグナル

  • ヘッドマウント顕微鏡

  • 脳深部観察用GRINレンズ

  • マウスに顕微鏡を固定した様子