画像解析支援

生物画像情報の解析・可視化手法の構築と技術支援

研究支援担当者:木森 義隆
福井工業大学・経営情報学科

顕微鏡や医療モダリティで撮影された画像に対し、画質改善や情報の抽出・解析・可視化等を支援します。私たちが画像から対象を認識するためには、視認しにくい構造を強調・抽出し、2D、3Dで可視化する必要があります。また、解析対象を定量的に把握するためには、対象の性質や特徴に応じた効果的な解析手法を適用することが必須になります。本支援では、このようなニーズを満たす技術支援を行い、課題解決に取り組みます。

  • 微細構造をもつ解析対象の強調やノイズ、アーチファクトの除去等を行い、原画像をより「見易い画像」に変換します。

  • 画像データ中の2D、3D構造の計測を実施します。

  • 複雑な構造の位置関係を把握できるように2D、3D可視化を行います。

  • 画像情報の解析手法の開発、または各種画像処理フィルタの最適な組み合わせや条件の決定について支援します。

  • 画像中の形態情報の抽出を行います。

  • 解析対象の特徴である、テクスチャ、形態、分布等の定量化を行います。