出来事

大隅良典先生をお迎えしての講演会2017/01/06

2017年2月11日に、大隅良典先生(基礎生物学研究所名誉教授・東京工業大学栄誉教授)をお迎えして、ノーベル賞受賞記念講演会を開催します!会場は岡崎市民会館あおいホール、参加申込受付はWEBより1月23日午前10時を予定しています。詳しくはこちらの案内をご覧下さい。

大隅先生は、1996年から2009年までの13年間にわたって、基礎生物学研究所の教授として研究部門を主宰し、研究部門の仲間達と共にオートファジーに関する大きな成果を数多く発表しました。当時の研究室の成果等はこちらのページをご覧下さい。

講演会の開催について、本日、報道関係者向けに岡崎市と共同で会見を開いて発表いたしました。また、岡崎市より大隅先生に、岡崎市民栄誉賞を贈ることが発表されました。

0106_photo.jpg

共同会見を行う内田康宏岡崎市長(左)と山本正幸基礎生物学研究所長(右)

体験入学の募集を開始しました2017/01/04

基礎生物学研究所は、研究所であると共に、国立大学法人 総合研究大学院大学 生命科学研究科 基礎生物学専攻として大学院生を募集し、研究所の研究環境を生かした大学院教育を行っています。学部卒業生を対象とした5年一貫の博士課程と、修士課程修了者を対象とした博士後期課程があります。

研究所の大学院って、どんな感じだろう?って思われる方も多いのではないでしょうか。なかなかイメージしにくいですよね。そこで基礎生物学研究所では、研究所での研究生活を体験する「体験入学」を実施しています。本年も本日1月4日より募集受付を開始しました。5月19日(金)〆切の1次募集に応募して選ばれた方には、旅費・宿泊費のサポートがあります。学部3年以上〜修士課程の方が対象です。また、春休み中の体験入学を希望される方は、できるだけ早く申込みして下さいね。

ご応募、お待ちしております。

応募方法や受入ラボはこちらの「基礎生物学研究所体験入学」のウェブサイトをご覧下さい。

得津隆太郎助教による中学校での出前授業2015/11/12

2015年11月12日に環境光生物学の得津隆太郎助教が、六ッ美中学校にて出前授業「光合成から見る地球環境」を行いました。

クラミドモナスの培養プレートや培養液を手に取ってまずは藻類の観察を行いました。サンゴと藻類との共生の仕組みや、藻類が光合成によって作り出す酸素を地球環境に役立てるべく日々の研究内容などが伝えられました。また、キャリアパスの話では、研究者という職業に興味を持った生徒さんから数多くの質問の手が上がりました。

2015tokutsu01.jpg

2015tokutsu02.jpg

 

 

カテゴリー

  1. お知らせ(1)
  2. イベント(19)
  3. プレスリリース(1)
  4. メディア(1)
  5. 大学院(10)
  6. 研究(19)

年別アーカイブ

  1. 2017年(2)
  2. 2015年(3)
  3. 2014年(3)
  4. 2013年(7)
  5. 2012年(18)
  6. 2011年(9)
  7. 2010年(3)
  8. 2009年(5)
  9. 2008年(1)

What's New