文部科学省科学研究費特定領域研究「性分化機構の解明」 *

研究成果

伊藤 道彦 ITO, Michihiko
北里大学 理学部
研究項目A01 「性分化の分子基盤の解析」
研究課題 アフリカツメガエルにおけるZZ/ZW型性決定の分子機構

A W-linked DM-domain gene, DM-W, participates in primary ovary development in Xenopus laevis. Shin Yoshimoto, Ema Okada, Hirohito Umemoto, Kei Tamura, Yoshinobu Uno, Chizuko Nishida-Umehara, Yoichi Matsuda, Nobuhiko Takamatsu, Tadayoshi Shiba, and Michihiko Ito Proc. Natl. Acad. Sci. USA in press

研究内容概説―遺伝学的にZZ/ZW型の性決定様式を持つと考えられる両生類の アフリカツメガエル (Xenopus laevis)において、初めてW染色体に座位する 遺伝子(DM-Wと命名)を同定した。DM-Wは、構造上、精巣形成関与遺伝子 DMRT1のパラログで、その発現は、遺伝的♀(ZW型)個体の始原生殖巣に特異的、かつ性決定期に一過的であった。DM-W発現ベクターを導入したトランスジェニック幼生を作製したところ、本来遺伝的に精巣を有するZZ型個体の生殖巣に、卵巣腔や卵母細胞を持つ卵巣構造が観察された。以上より、DM-W遺伝子は、X. laevisの性(♀)決定遺伝子である可能性が強く示唆された。現在まで脊椎動物では、哺乳類のSRY、メダカのDMYが精巣決定を行う性(♂)決定遺伝子として報告されているが、DM-Wは、卵巣決定を行う性(♀)決定遺伝子候補の初めての報告である。


2008年発表論文

A W-linked DM-domain gene, DM-W, participates in primary ovary development in Xenopus laevis. Shin Yoshimoto, Ema Okada, Hirohito Umemoto, Kei Tamura, Yoshinobu Uno, Chizuko Nishida-Umehara, Yoichi Matsuda, Nobuhiko Takamatsu, Tadayoshi Shiba, and Michihiko Ito Proc. Natl. Acad. Sci. USA in press