文部科学省科学研究費特定領域研究「性分化機構の解明」 *

研究成果

今村 拓也 IMAMURA, Takuya
京都大学・大学院理学研究科
研究項目A02 「脳の性分化と行動の解析」
研究課題 マウス脳における性差形成の基盤となる核内受容体のエピジェネティック制御とその改変
     (平成17年度〜18年度)
     RNAを基点とした性ステロイド受容体のエピジェネティック制御によるマウス脳性分化
     (平成19年度〜平成20年度)

2005年発表論文

Imamura, T., Kerjean, A., Heams, T., kupiec, J.-J., Thenevin, C., and Paldi, A. (2005). Dynamic CpG and non-CpG methylation of Peg1/Mestin the mouse oocyte and preimplantation embryo. J. Biol. Chem., 280, 20171-5.

2004年発表論文

Imamura, T., Miyauchi-Senda, N., Tanaka, S., and Shiota, K. (2004). Identification of genetic and epigenetic similarities of SPHK1/Sphk1in mammals. J. Vet. Med. Sci. 66, 1387-93.

Imamura, T., Yamamoto, S., Ohgane, J., Hattori, N., Tanaka, S., and Shiota, K. (2004). Non-coding RNA directed DNA demethylation of Sphk1CpG island. Biochem. Biophys. Res. Comm. 322, 593-600.

Imamura, T., Neildez, T., Thenevin, C., and Paldi, A. (2004). Essential role for poly(ADP-ribosyl)ation in mouse preimplantation development. BMC Mol. Biol. 5, 4.