文部科学省科学研究費特定領域研究「性分化機構の解明」 *

研究成果

藤枝 憲二 FUJIEDA, Kenji
旭川医科大学 小児科
研究項目A03 「性分化異常症の解析」
研究課題 副腎・生殖腺の異常によって発症する性分化異常症の新たな成因の探求

Mutant P450 oxidoreductase causes disordered steroidogensis with and without Antley-Bixler syndrome.Fluck C, Tajima T, Pandey AV, Arlt W, Okuhara K, Verge CF, Jabs EW, Medonca BB, Fujieda K, Miller WL Nat Genet 36, 228-230, 2004

研究内容概説ーAntley-Bixler症候群は、頭蓋縫合早期癒合症、特徴的な願貌、上腕骨檮骨の骨性癒合、多発性関節拘縮、外性器異常、副腎不全などを合併する先天奇形症候群である。 原因としてすでにFGFR2の異常が同定されているが、外陰部異常やステロイド産生異常を呈する本症の原因としてP450 oxidoreductase(POR)の異常であることを同定した。従って、本症の成因は二つあるが、このPORの異常により本酵素に依存するミクロゾーム酵素で あるCYP21A, CYP17A1, CYP19A1, CYP51A1などの酵素活性が低下する。これにより本症にみられる彩な症状が発現することが明らかとなった。また、ROPは薬物代謝P450酵素活性に関与することから、フルコナゾールを服用していた妊婦から本症が発症したことも説明しうる。


2006年発表論文

Both N-terminal and C-terminal regions of steroid sulphatase are important for enzyme activity. T. Sugawara, E. Nomura, N. Hoshi J. Endocrinol. 188, 365-374, 2006

2005年発表論文

Molecular basis of adrenal insufficiency. K. Fujieda, T. Tajima Pediatr. Res. 57, 62-69, 2005

Transactivation function of -800 bp evolutionarily conserved sequence at the SHOX 3' region. Implication for the downstream enhancer. M. Fukami, F. Kato, T. Tajima, S. Yokoya, T. Ogata Am. J. Hum. Genet. 78, 167-170, 2005

2004年発表論文

Mutant P450 oxidoreductase causes disordered steroidogenesis with and without Antley-Bixler syndrome. C.E. Fluck, T. Tajima, A.V. Pandey, W. Arlt, K. Okuhara, C.F. Verge, E.W. Jabs, B.B. Mendonca, K. Fujieda, W.L. Miller. Nature Genet. 36, 228-230, 2004

P450 oxidoreductase deficiency: a new disorder of steroidogenesis affecting all microsomal P450 enzymes. A.V. Pandey, C.E. Fluck, N. Huang, T. Tajima, K. Fujieda, W.L. Miller Endocri. Res. 30, 881-888, 2004

Role of StAR binding protein in steroidogenic cells. T. Sugawara Endocri. Res. 30, 695, 2004

Characterization of binding between SF-1 and Sp1: predominant interaction of SF-1 with the N-terminal region of Sp1. T. Sugawara, E. Nomura, A. Nakajima, N. Sakuragi J. Endocrinol. Inv. 27, 133-141, 2004