基礎生物学研究所 名誉教授

Home研究部門・施設 > 基礎生物学研究所 名誉教授 > 名誉教授

名誉教授

研究教育職員

山森 哲雄

名誉教授 山森 哲雄

研究の概要

(2014年度当時のものです)

神経系は体の中の他の組織と比較すると著しく異なる機能的、構造的特徴を持つ。近年の分子生物学的研究によって、神経系を構成する分子も免疫系などで使われている分子と構造的共通性を持ち、従って、共通の祖先から由来しているらしいことが明らかになりつつあるが、その進化様式については、なお不明な点が多い。当研究室では、神経系の情報処理機構進化の分子機構を最終的な目標として、幾つかの異なるレベルでの研究を進めたいと考えている。記憶と遺伝子発現の連関と大脳皮質の領野形成と進化について研究している。

研究室関連資料

参考文献

Yamamori T, Rockland KS. (2006) Neocortical areas, layers, connections, and gene expression. Neurosci Res., 55, 11-27.

Takahata T, Komatsu Y, Watakabe A, Hashikawa T, Tochitani S, Yamamori T. (2006) Activity-dependent expression of occ1 in excitatory neurons is a characteristic feature of the primate visual cortex. Cereb Cortex, 16, 929-940.

Komatsu, Y., Watakabe, Y., Hashikawa, T., Tochitani, S. and Yamamori, T. (2005) Retinol-binding protein gene is highly expressed in higher-order association areas of the primate neocortex. Cerebral Cortex 15, 96-108.

Tochitani, S., Liang, F., Watakabe, A., Hashikawa, T. and Yamamori, T. (2001) occ1 is preferentially expressed in the primary visual cortex in an activity-dependent manner: a pattern of gene expression related to the cytoarchitectonic area in adult macaue neocortex. Eur. J. Neurosci. 13, 297-307.

山森哲雄(2006) 脳の進化、( シリーズ進化学第巻、岩波書店、石川統、斉藤成也、佐藤矩行、長谷川真理子編)109-135