基礎生物学研究所 名誉教授

Home研究部門・施設 > 基礎生物学研究所 名誉教授 > 名誉教授

名誉教授

研究教育職員

西村 幹夫

名誉教授 西村 幹夫

研究の概要

(2013年当時のものです)

高等植物細胞を構成する様々なオルガネラは、定常状態で機能しているのではなく、細胞の成長、分化に伴って、生成あるいは消失したり、その機能を変換したりするなど極めて動的な状態におかれている。本研究部門では、こうしたオルガネラの動的変動こそが、高等植物細胞の分化の柔軟性を成り立たせている基本機構の一つであるとの観点にたって、特にペルオキシソームの可逆的機能転換、および、種子の登熟・発芽時における液胞-プロテインボディの相互変換に介在する調節機構を解析している。さらに、タンパク質輸送レセプターの機能解析、オルガネラの形成機構、小胞体やHSP90の新規機能についての研究も遂行しており、突然変異体、形質転換植物、RNAi、 DNAマイクロアレイ、プロテオーム、高圧凍結電子顕微鏡、ライブイメージングなどのテクニックを用いて高等植物細胞を構築する分子機構の動態を多面的に明らかにしようとしている。

研究室関連資料

参考文献

Hayashi, M., Nito, K., Toriyama-Kato, K., Kondo, M., Yamaya, T., and Nishimura, M. (2000). AtPex14 maintains peroxisomal functions by determining protein targeting to three kinds of plant peroxisomes. EMBO J. 19, 5701-5710.

Mano, S., Miwa, T., Nishikawa, S., Mimura, T., and Nishimura, M. (2008). The plant organelles database (PODB): A collection of visualized plant organelles and protocols for plant organelle research. Nucleic Acid Res. 36, D929-937.

Yamada, K., Nagano, A. J., Nishina, M., Hara-Nishimura, I., and Nishimura, M. (2008). NAI2 is an endoplasmic reticulum body component that enables ER body formation in Arabidopsis thaliana. Plant Cell 20, 2529-2540.

Arai, Y., Hayashi, M., and Nishimura, M. (2008). Proteomic identification and characterization of a novel peroxisomal adenine nucleotide transporter supplying ATP for fatty acid β-oxidation. Plant Cell 20, 3227-3240.

Goto, S., Mano, S., Nakamori, C., and Nishimura, M. (2011). Arabidopsis ABERRANT PEROXISOME MORPHOLOGY 9 is a peroxin that recruits the PEX1-PEX6 complex to peroxisomes. Plant Cell 23, 1573-1587.

連絡先

西村 幹夫 名誉教授 E-mail: mikosome@nibb.ac.jp TEL: 0564-55-7501