神経生物学領域

Home研究部門・施設 > 神経生物学領域 > 神経生理学研究室

神経生理学研究室

研究教育職員

渡辺 英治

准教授 渡辺 英治

研究の概要

脳と心の行動生物学。『脳』はある事象を物質的な側面から見た姿であり、『心』はある事象を情報的な側面から見た姿です。動物の行動原理を探索しようとするとき、いずれの側面からのアプローチも不可欠です。当研究室では特に後者、情報的な側面からのアプローチを重視しています。具体的には、メダカとヒトの視覚系研究を中心に据え、電子計算機モデル的、あるいは、心理物理学的な研究を行っています。詳しくは研究室ホームページを御覧下さい。

共同研究利用の募集

本研究室では上記の研究課題に関連する共同利用研究を募集しています。また、数理解析を専門とする研究者との共同研究を求めています。興味のある方は御連絡下さい。

大学院生の募集

本研究室では、大学院生を募集しています。目標の高い方を歓迎します。出身学部は問いません。詳しくは研究室ホームページを御覧下さい。

研究室関連資料

参考文献

Nakayasu, T., and Watanabe, E., (2014). Biological motion stimuli are attractive to medaka fish. Animal Cognition 17, 559-575.

http://link.springer.com/article/10.1007/s10071-013-0687-y

 

Matsunaga, W., and Watanabe, E., (2012). Visual motion with pink noise induces predation behaviour. Scientific Reports 2, 219.
http://www.nature.com/srep/2012/120111/srep00219/full/srep00219.html

Matsunaga, W., and, Watanabe, E. (2010). Habituation of medaka (Oryzias latipes) demonstrated by open-field testing, Behav Processes 85, 142-150

Watanabe, E., Matsunaga, W., and Kitaoka, A. (2010). Motion signals deflect relative positions of moving objects, Vision Res. 50, 2381-2390.

Shimizu, H., Watanabe, E., Hiyama, T.Y., Nagakura, A., Fujikawa, A., Okado, H., Yanagawa, Y., Obata, K., and Noda, M. (2007). Glial Nax channels control lactate signaling to neurons for brain [Na+] sensing, Neuron 54, 59-72.

Watanabe, E., Hiyama, T.Y., Shimizu, H., Kodama, R., Hayashi, N., Miyata, S., Yanagawa, Y., Obata, K., and Noda, M. (2006). Sodiumlevel-sensitive sodium channel Nax is expressed in glial laminate processes in the sensory circumventricular organs, American Journal of Physiology (Regul Integr Comp Physiol) 290, R568-R576

Hiyama, T.Y., Watanabe, E., Okado, H. and Noda, M. (2004). The subfornical organ is the primary locus of sodium-level sensing by Nax sodium channels for the control of salt-intake behavior, Journal of Neuroscience 24, 9276-9281

Hiyama, T.Y., Watanabe, E., Ono, K., Inenaga, K., Tamkun, M.M., Yoshida, S., and Noda, M. (2002). Nax channel involved in CNS sodium-level sensing. Nature Neurosci. 5, 511-512.

Watanabe, E., Fujikawa, A., Matsunaga, H., Yasoshima, Y., Sako, N., Yamamoto, T., Saegusa, C., and Noda, M. (2000). Nav2/NaG channel is involved in control of salt-intake behavior in the CNS. J. Neurosci. 12, 7743-7751.

連絡先

渡辺 英治 准教授 E-mail: eiji@nibb.ac.jp TEL: 0564-59-5595

映像