神経生物学領域

Home研究部門・施設 > 神経生物学領域 > 神経行動学研究部門

神経行動学研究部門

研究教育職員

東島 眞一

教授 東島 眞一

木村 有希子

助教 木村 有希子

研究の概要

運動・行動を作り出す際の中枢神経系神経回路の作動様式を、単一神経細胞レベルの解像度で明らかにすることは、神経科学の大きな目標の1つである。本研究部門は、シンプルな中枢神経系を持つ小型魚類を用い、動物の行動が作り出される際の神経系の動作様式の解明を目指している。さまざまなタイプの神経細胞を特異的にラベルするトランスジェニックフィッシュを多数作製し、(i) 特定のタイプの神経細胞の活動パターンを電気生理学やイメージングによって計測すること、(ii) 光遺伝学手法などを用いて、特定のタイプの神経細胞の活動を人為的に制御すること、が研究手法の中心である。現在、以下の2つのテーマに力を入れている。


(1)ゼブラフィッシュ幼魚を用いた、脊髄・脳幹運動系神経回路の機能解析:

 遊泳リズムの作られる仕組み、スピードを切り替える仕組み、胸びれと体幹の動きを協調させる仕組みの解明

(2)ゼブラフィッシュ・メダカ成魚を用いた、本能行動を司る視床下部神経回路の機能解析

共同研究利用の募集

遺伝子改変ゼブラフィッシュを駆使した研究を進めています。神経発生学、神経生理学、カルシウムイメージング、光遺伝学を利用した神経科学の研究はもとより、ライブイメージングや、CRISPR/Cas9を用いた発生工学技術などを利用する共同研究を行うことが可能です。

大学院生の募集

本部門では、神経科学に興味を持つ、元気のよい大学院生を歓迎します。運動系神経回路の作動様式を、さまざまな手法を駆使して解明することに興味を持つ方を募集します。体験入学によって、研究室の研究内容や、雰囲気などを体験されることを推奨します。

研究室関連資料

連絡先

東島 眞一 教授 E-mail: shigashi@nibb.ac.jp  TEL: 0564-59-5875