進化多様性生物学領域

Home研究部門・施設 > 進化多様性生物学領域 > 構造多様性研究室

構造多様性研究室

研究教育職員

児玉 隆治

准教授 児玉 隆治

研究の概要

鱗翅目昆虫の成虫翅は二次元の上皮組織であり、翅輪郭形状の決定・気管、気管小枝および翅脈のパターン形成・これらと関連した斑紋パターン形成などの興味深い過程を示す。これらの過程を形態学的な手法を用いて細胞レベルで詳細に記述するとともに、内在するメカニズムを明らかにしようとしている。

研究室関連資料

参考文献

Watanabe, E., Hiyama, T. Y., Shimizu, H., Kodama, R., Hayashi, N., Miyata, S., Yanagawa, Y., Obata, K., and Noda, M. (2006). Sodiumlevel-sensitive sodium channel Nax is expressed in glial laminate processes in the sensory circumventricular organs. Am. J. Physiol. 290, R568-576

Kodama, R., Yoshida, A., and Mitsui, T. (1995). Programmed cell death at the periphery of thepupal wing of the butterfly, Pieris rapae. Roux. Arch. Dev. Biol. 20, 418-426.

連絡先

児玉 隆治 准教授 E-mail: kodama@nibb.ac.jp TEL: 0564-55-7578