進化多様性生物学領域

Home研究部門・施設 > 進化多様性生物学領域 > 生物進化研究部門

生物進化研究部門

研究教育職員

長谷部 光泰

教授 長谷部 光泰

村田 隆

准教授 村田 隆

玉田 洋介

助教 玉田 洋介

石川 雅樹

助教 石川 雅樹

研究の概要

全ての生物は約40億年前に生じた一つの祖先生物から進化してきました。現生生物に見られる多様性は40億年間に蓄積した突然変異によって引き起こされたものです。従って、生物進化の痕跡は現生生物のゲノム上に記されています。
 
しかし、ゲノムを見ただけでは表現型進化にどんな遺伝子が関わったのかはわかりません。ゲノムを改変してはじめて、ゲノムのどこが表現型に影響を与えるかがわかります。我々は、ゲノム解読とゲノム改変を通して、生物進化の鍵となった現象が、どのような遺伝子のどのような変化によって進化したのかを解明します。
 
詳しくはこちらをご覧下さい。

共同研究利用の募集

上記研究内容に関連する共同研究を歓迎します。

大学院生の募集

独自の研究フィールドを切り開いていく気概を持つ方、お手伝いします。
研究室の様子(PDF) (総研大ジャーナル14号より転載)
修了生の声

研究室関連資料

参考文献

1) Koshimizu, S., Kofuji, R., Sasaki-Sekimoto, Y., Kikkawa, M., Shimojima,

M., Ohta, H., Shigenobu, S., Kabeya, Y., Hiwatashi, Y., Tamada, Y., Murata,

T., and Hasebe, M. (2017). Physcomitrella MADS-box genes regulate water supply

and sperm movement for fertilization. Nature Plants. 4, 36-45.

 

2) Fukushima, K., Fang, X., Alvarez-Ponce, D., Cai, H., Carretero-Paulet,

L., Chen, C., Chang, T.-H., Farr, K.M., Fujita, T., Hiwatashi, Y., Hoshi,

Y., Imai, T., Kasahara, M., Librado, P., Mao, L., Mori, H., Nishiyama, T.,

Nozawa, M., Pálfalvi, G., Pollard, S.T., Rozas, J., Sánchez-Gracia, A.,

Sankoff, D., Shibata, T.F., Shigenobu, S., Sumikawa, N., Uzawa, T., Xie, M.,

Zheng, C., Pollock, D.D., Albert, V.A., Li, S., and Hasebe, M. (2017). Genome

of pitcher plant Cephalotus reveals genetic changes associated with

carnivory. Nature Ecology and Evolution 1: 59.

 

3) Li, C., Sako, Y., Imai, A., Nishiyama, T., Thompson, K., Kubo, M.,

Hiwatashi, Y., Kabeya, Y., Karlson, D., Wu, S.-H., Ishikawa, M., Murata, M.,

Benfey, P.N., Sato, Y., Tamada, Y., and Hasebe, M. (2017). A Lin28 homolog

reprograms differentiated cells to stem cells in the moss Physcomitrella

patens. Nature Commun. 8: 14242.

 

4) Fukushima, K., Fujita, H., Yamaguchi, T., Kawaguchi, M., Tsukaya, H., and

Hasebe, M. (2015). Oriented cell division shapes carnivorous pitcher leaves

of Sarracenia purpurea. Nature Commun. 6: 6450.

 

5) Xu, B., Ohtani, M., Yamaguchi, M., Toyooka, K., Wakazaki, M., Sato, M.,

Kubo, M., Nakano, Y., Sano, R., Hiwatashi, Y., Murata, T., Kurata, T.,

Yoneda, A., Kato, K., Hasebe, M., and Demura, T. (2014). Contribution of NAC

transcription factors to plant adaptation to land. Science 343: 1505-1508.

 

6) Murata, T., Sano, T., Sasabe, M., Nonaka, S.,Nature Commun. 4, 1967.

 

7) Sakakibara, K., Ando, S., Yip, H.K., Tamada, Y., Hiwatashi, Y., Murata,

T., Deguchi, H., Hasebe, M., and Bowman, J.L. (2013). KNOX2 genes regulate

the haploid-to-diploid morphological transition in land plants. Science 339,

1067-1070.

連絡先

長谷部 光泰 教授 E-mail: mhasebe@nibb.ac.jp  TEL: 0564-55-7547

映像