大学共同利用機関法人 自然科学研究機構

基礎生物学研究所

English

研究部門・施設

環境光生物学研究部門

研究教育職員

皆川 純

教授 皆川 純

高橋 俊一

准教授 高橋 俊一

得津 隆太郎

助教 得津 隆太郎

研究の概要

植物は、環境の変化に自らを順化適応させることで生き残りをかける。太陽光を集め利用可能なエネルギーへの変換を行う光合成においても、さまざまなレベルの光環境適応が行われている。本研究部門では、単細胞緑藻を中心としたモデル微細藻類を用い、分子遺伝学、生化学、分光学的手法さらにはライブイメージングを駆使することで、特に光を集めるアンテナ装置がいかに効率よく光を集めているのか、その分子基盤の解析を行っている。また、得られた基礎的知見を、南極の緑藻やサンゴと共生する褐虫藻、北太平洋の珪藻などに応用し、環境において重要な光合成生物の生理生態の理解を目指している。

大学院生の募集

本研究部門では、微細藻類を用いて光合成に必要な太陽エネルギーを集める仕組みの研究を行っています。光合成、環境、微細藻類に関心のある方、生命の巧妙な仕組みの解明に挑戦したい方、是非ご連絡ください。基礎知識は問いません。

Webサイト

研究室関連資料

参考文献

Kosuge, K., Tokutsu, R., Kim, E., Akimoto, S., Yokono, M., Ueno, Y., Minagawa, J. (2018).  LHCSR1-dependent fluorescence quenching is mediated by excitation energy transfer from LHCII to photosystem I in Chlamydomonas reinhardtii. Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A., 115: 3722-3727.
 
Petroutsos, D., Tokutsu, R., Maruyama, S., Flori, S., Greiner, A., Magneschi, L., Cusant, L., Kottke, T., Mittag, M., Hegemann, P., Finazzi, G., Minagawa, J. (2016).  A blue light photoreceptor mediates the feedback regulation of photosynthesis. Nature 537: 563-566.
 
Nagy, G., Ünnep, R., Zsiros, O., Tokutsu, R., Takizawa, K., Porcar, L., Moyet, L., Petroutsos, D., Garab, G., Finazzi, G., and Minagawa, J. (2014).  Chloroplast remodeling during state transitions in Chlamydomonas reinhardtii as revealed by non-invasive techniques in vivo. Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. 111: 5042-5047.
 
Tokutsu, R. and Minagawa, J. (2013).  Energy-dissipative supercomplex of photosystem II associated with LHCSR3 in Chlamydomonas reinhardtii. Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. 110: 10016-10021.

Takahashi, S., and Badger, M.R. (2011).  Photoprotection in plants: a new light on photosystem II damage. Trends Plant Sci. 16: 53-60.
 
Iwai, M., Takizawa, K., Tokutsu, R., Okamuro, A., Takahashi, Y., and Minagawa, J. (2010).  Isolation of the elusive supercomplex driving cyclic electron transfer in photosynthesis. Nature 464: 1210-1213.
 
Takahashi, S., Whitney, S., Itoh, S., Maruyama, T., and Badger, M. (2008).  Heat stress causes inhibition of the de novo synthesis of antenna proteins and photobleaching in cultured Symbiodinium. Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. 105: 4203-4208.

連絡先

皆川 純 教授 E-mail: minagawa@nibb.ac.jp TEL: 0564-55-7515

映像