発生生物学領域

Home研究部門・施設 > 発生生物学領域 > 生殖細胞研究部門

生殖細胞研究部門

研究教育職員

吉田 松生

教授 吉田 松生

北舘 祐

助教 北舘 祐

中川 俊徳

助教 中川 俊徳

研究の概要

世代を越えて命をつなぐ配偶子を継続して生産することは、生物にとって本質的な営みである。われわれの目的は、マウス精巣の中で長期間精子を作り続けるメカニズムを、幹細胞に注目して解明することである。どの細胞が幹細胞なのか?精巣のどこで、いつ、どのように増殖・分化・自己複製して幹細胞機能を発揮しているのか?ライブイメージングや系譜追跡といった技術を駆使して細胞一つ一つを観測すると、教科書に書いてある単純なものではない、一見複雑で一筋縄では行かない振る舞いが見えて来た。現在、数理統計の力も借りて、幹細胞の行動原理とそこで機能する分子メカニズムの解明に取り組んでいる。精子幹細胞は、次世代にゲノムを伝える指命を帯びた進化の舞台である。動物進化における精子幹細胞の振る舞いの意義にも挑んでいきたい。

共同研究利用の募集

マウスの精子形成幹細胞にフォーカスを絞り、組織形態学・遺伝子発現・ライブイメージング・遺伝学を用いて多角的に解析しています。マウス等の動物の精子形成の解析、遺伝子発現解析やライブイメージング技術を用いた共同研究を募集します。

大学院生の募集

生殖細胞は生命の本質に直結します。大学院生には、こういった問いに具体的な実験で挑戦することを通して生物学の醍醐味を味わい、自分自身の興味に従って考える力を身につけて欲しいと思っています。

Webサイト

研究室関連資料

参考文献

Tokue, M., Ikami, K., Mizuno, S., Takagi, C., Miyagi, A., Takada, R., Noda, C., Kitadate, Y., Hara, K., Mizuguchi, H., Sato, T., Taketo, M. M., Sugiyama, F., Ogawa, T., Kobayashi, S., Ueno, N., Takahashi,, S., Takada, S., and *Yoshida, S. (2017). SHISA6 confers resistance to differentiation-promoting Wnt/beta-catenin signaling in mouse spermatogenic stem cells. Stem Cell Reports 8, 561-575.


Ikami, K., Tokue, M., Sugimoto, R., Noda, C., Kobayashi, S., Hara, K., and *Yoshida, S. (2015). Hierarchical differentiation competence in response to retinoic acid ensures stem cell maintenance during mouse spermatogenesis. Development 142, 1582-1592.


Hara, K., Nakagawa, T., Enomoto, H., Suzuki M., Yamamoto, M., *Simons, B. D., and *Yoshida, S. (2014). Mouse Spermatogenic Stem Cells Continually Interconvert between Equipotent Singly Isolated and Syncytial States. Cell Stem Cell 14, 658-672.

Sugimoto, R., Nabeshima, Y-i., and *Yoshida, S. (2012). Retinoic acid metabolism links the periodical differentiation of germ cells with the cycle of Sertoli cells in mouse seminiferous epithelium. Mech Dev. 128, 610-624.

Klein, A.M., Nakagawa, T., Ichikawa, R., *Yoshida, S., and *Simons, B.D. (2010). Mouse germ line stem cells undergo rapid and stochastic turnover. Cell Stem Cell 7, 214-224.

Nakagawa, T., Sharma, M., Nabeshima, Y., Braun, R.E., and *Yoshida, S. (2010). Functional hierarchy and reversibility within the murine spermatogenic stem cell compartment. Science 328, 62-67.

*Yoshida, S., Sukeno, M., and Nabeshima, Y. (2007). A vasculature-associated niche for undifferentiated spermatogonia in the mouse testis. Science 317, 1722-1726.

Nakagawa, T., Nabeshima, Y., and *Yoshida, S. (2007). Functional identification of the actual and potential stem cell compartments in mouse spermatogenesis. Dev. Cell 12, 195-206.

連絡先

吉田 松生 教授 E-mail: shosei@nibb.ac.jp TEL: 0564-59-5867