発生生物学領域

Home研究部門・施設 > 発生生物学領域 > 形態形成研究部門

形態形成研究部門

研究教育職員

上野 直人

教授 上野 直人

木下 典行

准教授 木下 典行

高橋 弘樹

助教 高橋 弘樹

鈴木 誠

助教 鈴木 誠

研究の概要

受精した卵が細胞分裂を繰り返しながら生物固有の形づくりを進行する過程、すなわち形態形成には個々の細胞の形態変化や移動による3次元的なリモデリングが必須である。細胞分化によって新たな形質を、また細胞骨格の再構成によって細胞極性を獲得した細胞は、それぞれの運命にしたがって正しく配置されることによって、形態的、機能的に洗練された個体を形づくる。 本研究部門では形態形成を司る細胞外シグナルや転写調節因子、細胞接着分子に焦点をあて、形態形成の分子メカニズムを解明することを目標にして、ホヤ、アフリカツメガエル、マウス、ゼブラフィッシュなどモデル動物を用いた研究を行っている。

大学院生の募集

私たちの研究部門では常時大学院生を募集しています。さまざまな生き物をつかった形づくりの研究に興味のある方は連絡先(上野)まで御連絡下さい。研究室見学も歓迎します。

研究室関連資料

参考文献

Morita, H., Kajiura-Kobayashi, H. Takagi, C., Yamamoto, T.S., Nonaka, S. & Ueno, N. (2012).  Cell movements of the deep layer of non-neural ectoderm underlie complete neural tube closure in Xenopus. Development 139 (8): 1417-1426.

 

Morita, H., Nandadasa, S., Yamamoto, T.S., Terasaka-Iioka,C., Wylie, C., & Ueno, N. (2010) . Nectin-2 and N-cadherin interact through extracellular domains and induce apical accumulation of F-actin in apical constriction of Xenopus neural tube morphogenesis. Development 137(8): 1315-1325.

Shindo, A., Hara, Y., Yamamoto, T.S., Ohkura, M., Nakai, J., and Ueno, N. (2010). Tissue-tissue interaction-triggered calcium elevation is required for cell polarization during Xenopus gastrulation. PLoS One 5, e8897.

Goda, T, Takagi, C. & Ueno, N. (2009). Xenopus Rnd1 and Rnd3 GTP-binding proteins are expressed under the control of segmentation clock and required for somite formation. Developmental Dynamics 238(11): 2867-2876.

Tao, H., Suzuki, M., Kiyonari, H., Abe, T., Sasaoka, T. & Ueno, N. (2009). Mouse prickle1, the homolog of a PCP gene, is essential for epiblast apical-basal polarity PNAS 106:14426-14431 (2009)
 

連絡先

上野 直人 教授 E-mail: nueno@nibb.ac.jp TEL: 0564-55-7570

映像