発生生物学領域

Home研究部門・施設 > 発生生物学領域 > 分子発生学研究部門

分子発生学研究部門

研究教育職員

高田 慎治

教授 高田 慎治

矢部 泰二郎

助教 矢部 泰二郎

三井 優輔

助教 三井 優輔

研究の概要

(1)分泌性シグナルタンパク質は動物の発生過程で重要な作用を担っている。秩序正しい発生の進行には、その分泌量や作動距離が正確にコントロールされることが不可欠であるが、その制御機構はよくわかっていない。本研究部門では代表的なシグナルタンパク質であるWntに着目し、その作用機構のシグナルタンパク質の細胞外での挙動がどのように制御されるかに焦点を当て研究を進めている。
(2)脊椎動物のからだは、実はいくつかの分節構造が基盤となっている。本研究部門では代表的な分節構造として知られる体節と咽頭弓に注目し、その形成原理の解明を目指している。

共同研究利用の募集

マウスやゼブラフィッシュを用いた初期発生の遺伝学的解析ならびにWntタンパク質を用いた様々な研究をサポートします。

大学院生の募集

本研究部門では発生や幹細胞分化に重要な細胞間シグナルWntに着目した研究ならびにマウスとゼブラフィッシュを用いた脊椎動物の発生機構の研究を行っています。味わいのある大学院生活をしてみたい人を歓迎します。

研究室関連資料

参考文献

Okubo, T., Kawamura, A.,Takahashi, J., Yagi, H., Morishima, M., Matsuoka, R., & Takada, S. (2011). Ripply3, a normal ofteries are likely to be generated Tbx1 repressor, is required for development of the pharyngeal apparatus and its derivatives in mice. Development 138, 339-348.

Kawamura, A., Koshida, S., & Takada, S. (2008). Activator-to-repressor conversion of T-box transcription factors by the Ripply family of Groucho/TLE-associated mediators. Mol Cell Biol. 28, 3236-3244.

Akanuma, T., Koshida, S., Kawamura, A., Kishimoto, Y., and Takada, S. (2007). Paf1 complex homologes are required for Notch-regulated transcription during somite segmentation. EMBO Rep. 8, 858-863

Takada, R., Satomi, Y., Kurata, T., Ueno, N., Norioka, S., Kondoh, H. Takao, T., and Takada, S. (2006). Monounsaturated fatty acid modification of Wnt proteins: Its role in Wnt secretion. Dev. Cell 11, 791-801

Kawamura, A. Koshida, S., Hijikata, H., Sakaguchi, T., Kondoh, H., and Takada, S. (2005). Zebrafish Hairy/Enhancer of split protein links FGF signaling to cyclic gene expression in the periodic segmentation of somites. Genes Dev. 19, 1156-1161.

Koshida, S., Kishimoto, Y., Utsumi, H.,Shimizu, T., Furutani-Seiki, M., Kondoh, H., and Takada, S. (2005). Integrinα5-dependent fibronectin accumulation for maintenance of somite boundaries in zebrafish embryos. Dev. Cell 8, 587-598.

連絡先

高田 慎治 教授 E-mail: stakada@nibb.ac.jp TEL: 0564-59-5241

映像