発生生物学領域

Home研究部門・施設 > 発生生物学領域 > 初期発生研究部門

初期発生研究部門

研究教育職員

藤森 俊彦

教授 藤森 俊彦

小山 宏史

助教 小山 宏史

研究の概要

動物の発生では受精卵に始まり、やがて明らかな体軸を持つ構造が形成される。ほ乳類胚においては、受精卵には将来の体軸に関わる明確な情報は見られないが、マウス胚では受精後約6日目には将来の体軸を予想することができる。体軸を決める情報がどのように胚の中に具現化されていくかを明らかにすることを目標としている。主にマウスを用い、胚の中でのそれぞれの細胞の挙動を、ライブイメージングや細胞系譜解析などの手法によって解析している。ライブイメージング観察用の、一連のレポータートランスジェニックマウスの作製、観察用の培養・顕微鏡装置の開発も行っている。更に、細胞が集団としてどの様に振る舞い、胚の形を形成するかについて研究を進めている。

共同研究利用の募集

本研究部門では、マウス初期胚の解析を行っています。マウス初期胚に限らず、発生生物学研究一般の共同利用研究を募集しています。基本的な発生学の手法に加え、ライブイメージングや発生工学技術などを利用する共同研究を行うことが可能です。

大学院生の募集

本研究部門では、元気の良い大学院生を歓迎します。マウス初期発生の基本的なメカニズムを研究する方を募集します。体験入学によって研究室の研究内容や、雰囲気などを体験されることを推奨します。

<研究キーワード>発生、ほ乳類、細胞分化、体軸、形態形成、細胞極性、着床、ライブイメージング、画像解析、数理モデル、シミュレーション、ES細胞、発生工学、トランスジェニックマウス

Webサイト

研究室関連資料

参考文献

Shi, D., Komatsu, K., Hirao, M., Toyooka, Y., Koyama, H., Tissir, F., Goffinet, AM., Uemura, T., Fujimori, T. (2014). Celsr1 is required for the generation of polarity at multiple levels of the mouse oviduct. Development 141(23) 4558-68.

Abe, T., and Fujimori, T. (2013). Reporter mouse lines for fluorescence imaging. Development, growth & differentiation 55, 390-405.

 

Abe, T., Sakaue-Sawano, A., Kiyonari, H., Shioi, G., Inoue, K., Horiuchi, T., Nakao, K., Miyawaki, A., Aizawa, S., and Fujimori, T. (2013).  Visualization of cell cycle in mouse embryos with Fucci2 reporter directed by Rosa26 promoter. Development 140, 237-246.

 

Abe, T., Kiyonari, H., Shioi, G., Inoue, K., Nakao, K., Aizawa, S., and Fujimori, T. (2011). Establishment of conditional reporter mouse lines at ROSA26 locus for live cell imaging. Genesis 49(7), 579-90.

 

Shi, D., Komatsu, K., Uemura, T., and Fujimori, T. (2011). Analysis of ciliary beat frequency and ovum transport ability in the mouse oviduct. Genes to Cells 16, 282-90.

 

Fujimori, T. (2010). Preimplantation development of mouse: a view from cellular behavior. Development, growth & differentiation 52, 253-262. 

 

Tissir, F., Qu, Y., Montcouquiol, M., Zhou, L., Komatsu, K., Shi, D., Fujimori, T., Labeau, J., Tyteca, D., Courtoy, P., Poumay, Y., Uemura, T., and Goffinet, M. A. (2010). Lack of cadherins Celsr2 and Celsr3 impairs ependymal ciliogenesis, leading to fata hydrocephalus. Nature Neuroscience 13, 700-07.

 

Toyooka, Y., Shimosato, D., Murakami, K., Takahashi, K., and Niwa, H. (2008). Identification and characterization of subpopulations in undifferentiatedES cell culture. Development 135, 909-18.

 

Kurotaki, Y., Hatta, K., Nakao, K., Nabeshima, Y., and Fujimori, T. (2007). Blastocyst axis is specified independently of early cell lineage but aligns with the ZP shape. Science 316, 719-723. 

連絡先

藤森 俊彦 教授 E-mail: fujimori@nibb.ac.jp TEL: 0564-59-5862

映像

写真

藤森 俊彦_写真1
藤森 俊彦_写真2
藤森 俊彦_写真3