細胞生物学領域

Home研究部門・施設 > 細胞生物学領域 > 神経細胞生物学研究室

神経細胞生物学研究室

研究教育職員

椎名 伸之

准教授 椎名 伸之

中山 啓

助教 中山 啓

研究の概要

DNA→mRNA→タンパク質という遺伝子発現は生命活動の根幹ですが、神経細胞ではこの遺伝子発現の重要な一部が局所的に制御されています。神経細胞には核が存在する細胞体と、そこから長く伸びた神経突起があり、突起どうしがシナプスを介して繋がることによって神経ネットワークを形成しています。一部の重要なmRNAは神経突起へ輸送され、シナプスで局所的にタンパク質へと翻訳されています。しかも、神経活動信号が頻繁に通るシナプスでのみ翻訳が活性化し、翻訳されたタンパク質がそのシナプスを強化することによって、頻繁に使う神経回路を選択的に強化しているのです。私たちはどのような種類のmRNA がどのようなメカニズムで輸送されて局所的にタンパク質へと翻訳されているかを明らかにするとともに、それが神経ネットワーク形成、さらには記憶や学習などにどのような役割を果たすかについて、マウスを使って研究をおこなっています。

大学院生の募集

本研究室では、大学院生を募集しています。

研究室関連資料

参考文献

Tsuboi, D., Kuroda, K., Tanaka, M., Namba, T., Iizuka, Y., Taya, S., Shinoda, T., Hikita, T., Muraoka, S., Iizuka, M., Nimura, A., Mizoguchi, A., Shiina, N., Sokabe, M., Okano, H., Mikoshiba, K., Kaibuchi, K. (2015). Disrupted-in-schizophrenia 1 regulates transport of ITPR1 mRNA for synaptic plasticity. Nat. Neurosci. 18, 698-707.

 

Shiina, N., Nakayama, K. (2014). RNA granule assembly and disassembly modulated by nuclear factor associated with double strand RNA 2 and nuclear factor 45. J. Biol. Chem. 289, 21163-21180.

 

Shiina, N., Yamaguchi, K., Tokunaga, M. (2010). RNG105 deficiency impairs the dendritic localization of mRNAs for Na+/K+ ATPase subunit isoforms and leads to the degeneration of neuronal networks. J. Neurosci. 30, 12816-12830.

 

Shiina, N., Tokunaga, M. (2010). RNA granule protein 140 (RNG140), a paralog of RNG105 localized to distinct RNA granules in neuronal dendrites in the adult vertebrate brain. J. Biol. Chem. 285, 24260-24269.

 

Shiina N., Shinkura K., Tokunaga M. (2005). A novel RNA-binding protein in neuronal RNA granules: Regulatory machinery for local translation. J. Neurosci. 25, 4420-4434.

 

椎名伸之 (2012). RNA granuleによる樹状突起へのmRNA輸送と局所タンパク質合成.細胞工学 31, 655-659.

 

椎名伸之 (2009). 神経樹状突起におけるRNA粒子と翻訳制御. 蛋白質核酸酵素 54, 2171-2176.

 

椎名伸之、徳永万喜洋 (2006). 神経シナプス可塑性における局所的翻訳の制御機構. 蛋白質核酸酵素 51, 943-949

連絡先

椎名 伸之 准教授 E-mail: nshiina@nibb.ac.jp TEL: 0564-55-7622

映像