細胞生物学領域

Home研究部門・施設 > 細胞生物学領域 > クロマチン制御研究部門

クロマチン制御研究部門

研究教育職員

中山 潤一

教授 中山 潤一

濱田 京子

助教 濱田 京子

片岡 研介

助教 片岡 研介

研究の概要

細胞が分化し個体が発生する際、DNAに書かれた遺伝情報はどのように使われているのでしょうか?すべての細胞は基本的にまったく同じDNAを持っているにも関わらず、多種多様な細胞を生み出しています。このようにDNA配列の変化では説明できない現象は「エピジェネティクス」と呼ばれ、個体の発生だけでなく、疾患や老化の鍵を握ると考えられています。私たちはDNAを取り巻くクロマチンという構造に着目し、そのダイナミックな変化がどのようにエピジェネティックな現象を調節しているのか、その分子メカニズムの解明を目指しています。

 

nakayamalab_image.jpg

 

私たちの研究室で扱うモデル生物のクロマチン染色像(左:マウス培養細胞、中央:分裂酵母、右:接合中のテトラヒメナ)
 

大学院生の募集

私たちの身の回りには、DNAだけでは説明できない現象がたくさんあります。あなた自身もDNA以上の物を両親から受け継いだ存在です。私たちの研究部門では、そのような生命の不思議に興味を持ち、私たちと一緒に分子のレベルで研究してみたい、という学生を募集しています。研究室の見学も大歓迎です。

研究室関連資料

参考文献

Nishibuchi, G., Machida, S., Osakabe, A., Murakoshi, H., Hiragami-Hamada, K., Nakagawa, R., Fischle, W., Nishimura, Y., Kurumizaka, H., Tagami, H., and Nakayama, J. (2014). N-terminal phosphorylation of HP1α increases its nucleosome-binding specificity. Nucleic Acids Res. 42: 12498-12511.

Ishida, M., Shimojo, H., Hayashi, A., Kawaguchi, R., Ohtani, Y., Uegaki, K., Nishimura, Y., and Nakayama, J. (2012). Intrinsic nucleic acid-binding activity of Chp1 chromodomain is required for heterochromatic gene silencing. Mol Cell 47: 228-241.

Hayashi, A., Ishida, M., Kawaguchi, R., Urano, T., Murakami, Y., and Nakayama, J. (2012). Heterochromatin protein 1 homologue Swi6 acts in concert with Ers1 to regulate RNAi-directed heterochromatin assembly. Proc Natl Acad Sci USA 109: 6159-6164.

Kawakami, K., Hayashi, A., Nakayama, J., and Murakami, Y. (2012). A novel RNAi protein, Dsh1, assembles RNAi machinery on chromatin to amplify heterochromatic siRNA. Genes Dev. 26: 1811-1824.

Hiragami-Hamada, K., Shinmyozu, K., Hamada, D., Tatsu, Y., Uegaki, S., Fujiwara, S., and Nakayama, J. (2011). N-terminal phosphorylation of HP1 promotes its chromatin binding. Mol Cell Biol. 31: 1186-200.

連絡先

中山 潤一 教授 E-mail: jnakayam@nibb.ac.jp TEL: 0564-59-5238