オリオンプロジェクト(統合バイオ)

Home研究部門・施設 > オリオンプロジェクト(統合バイオ) > 核内ゲノム動態

核内ゲノム動態

研究教育職員

宮成 悠介

特任准教授 宮成 悠介

研究の概要

岡崎統合バイオサイエンスセンター オリオンプロジェクト 核内ゲノム動態部門 特任准教授
(基礎生物学研究所 特任准教授を併任)

 

私たちの生命は、たった1つの受精卵からスタートします。受精卵が細胞分裂を繰り返す過程で、個々の細胞の運命が決定され、最終的には生体内の様々な組織を形成します。私たちは、その細胞の運命決定のメカニズムを解き明かそうとしています。特に、運命決定が行われる過程で核内のゲノム構造がどのように変化し、クロマチンが「動く」ことがどのような役割を担っているのかを、マウスの初期胚やES細胞などを使って研究しています。

大学院生の募集

当研究部門では大学院生の募集をおこなっています。受精卵から個体ができるまでの発生過程に興味のある方、イメージングに興味のある大学院生を歓迎いたします。詳しくは研究室ホームページをご覧ください。 

研究室関連資料

参考文献

Miyanari, Y. (2014). TAL effector-mediated genome visualization (TGV). Methods.

 

Miyanari, Y*., Ziegler-Birling, C., and Torres-Padilla, M.E*. (2013). Live visualization of chromatin dynamics with fluorescent TALEs. Nat Struct Mol Biol 20, 1321-1324.

 *Corresponding authors. This article was highlighted by Nature Methods.

 

Li, Y*., Miyanari, Y*., Shirane, K., Nitta, H., Kubota, T., Ohashi, H., Okamoto, A., and Sasaki, H. (2013). Sequence-specific microscopic visualization of DNA methylation status at satellite repeats in individual cell nuclei and chromosomes. Nucleic Acids Res 41, e186.

*Equal contribution

 

Miyanari, Y., and Torres-Padilla, M.E. (2012). Control of ground-state pluripotency by allelic regulation of Nanog. Nature 483, 470-473.

 

Miyanari, Y., Atsuzawa, K., Usuda, N., Watashi, K., Hishiki, T., Zayas, M., Bartenschlager, R., Wakita, T., Hijikata, M., and Shimotohno, K. (2007). The lipid droplet is an important organelle for hepatitis C virus production. Nat Cell Biol 9, 1089-1097.

*Highlighted by Hepatology

連絡先

宮成 悠介 特任准教授  E-mail: miyanari@nibb.ac.jp  TEL: 0564-59-5850