トップ > 発表論文(2015年)

 

発表論文

2015年

生殖細胞自身に性決定(卵になるか精子になるか)分子機構を存在することを証明。foxl3 機能不全のメダカは卵巣中に稔性をもつ精子が多量に作れられる。
  • Nishimura, T., Sato, T., Yamamoto, Y., Watakabe, I., Ohkawa, Y., Suyama, M., Kobayashi, S. and Tanaka, M.
    Sex determination. foxl3 is a germ cell-intrinsic factor involved in sperm-egg fate decision in medaka. Science 349, 328-331. (2015) Faculty of 1000Prime “Exceptional” 【PudMed