大学共同利用機関法人 自然科学研究機構

基礎生物学研究所

English

ニュース

プレスリリース : 2014 年アーカイブ

ミジンコにおける人工制限酵素Platinum TALENを用いた遺伝子破壊法の確立

2014. 12. 19 ミジンコにおける人工制限酵素Platinum TALENを用いた遺伝子破壊法の確立

環境水中の男性ホルモン、抗男性ホルモン作用を示す物質を検出するバイオモニタリングメダカの作出に成功

2014. 12. 05 環境水中の男性ホルモン、抗男性ホルモン作用を示す物質を検出するバイオモニタリングメダカの作出に成功

2光子イメージングのリアルタイム解析法によって動物が1個の神経細胞の活動を意志で操作できることを証明

2014. 11. 24 2光子イメージングのリアルタイム解析法によって動物が1個の神経細胞の活動を意志で操作できることを証明

卵管が卵を一方向に運ぶようになる仕組みを発見

2014. 11. 18 卵管が卵を一方向に運ぶようになる仕組みを発見

新しいレーザー光源を用いた生体深部を高速かつ広い視野で観察できる顕微鏡を開発

2014. 10. 16 新しいレーザー光源を用いた生体深部を高速かつ広い視野で観察できる顕微鏡を開発

「幻のアサガオ」といわれる黄色いアサガオを再現

2014. 10. 10 「幻のアサガオ」といわれる黄色いアサガオを再現

クヌギカメムシの共生細菌入り卵塊ゼリーの機能を解明 〜真冬の雑木林で育つ幼虫の秘密〜

2014. 09. 26 クヌギカメムシの共生細菌入り卵塊ゼリーの機能を解明 〜真冬の雑木林で育つ幼虫の秘密〜

根粒の数を調節する転写因子 〜根粒共生の省エネルギーシステムの起動スイッチを発見〜

2014. 09. 23 根粒の数を調節する転写因子 〜根粒共生の省エネルギーシステムの起動スイッチを発見〜

植物ホルモンのサイトカイニンは葉から根に長距離移動してマメ科植物の根粒数を制御する

2014. 09. 19 植物ホルモンのサイトカイニンは葉から根に長距離移動してマメ科植物の根粒数を制御する

極限乾燥耐性生物ネムリユスリカのゲノム概要配列を解読 〜生物がカラカラに乾いても死なないメカニズムの解明へ〜

2014. 09. 12 極限乾燥耐性生物ネムリユスリカのゲノム概要配列を解読 〜生物がカラカラに乾いても死なないメカニズムの解明へ〜

生殖細胞にオスとメスの違いを生み出す新たな仕組み

2014. 08. 05 生殖細胞にオスとメスの違いを生み出す新たな仕組み

インドメダカの性決定遺伝子を発見 ~性染色体の多様化機構の一端を解明~

2014. 06. 20 インドメダカの性決定遺伝子を発見 ~性染色体の多様化機構の一端を解明~

ミドリゾウリムシとクロレラの細胞内共生に伴う遺伝子発現の変化を解明

2014. 06. 11 ミドリゾウリムシとクロレラの細胞内共生に伴う遺伝子発現の変化を解明

運動学習は大脳皮質深部の神経細胞活動パターンとして記憶される 〜大脳皮質深部の神経活動を長期間にわたって記録することに世界で初めて成功〜

2014. 06. 02 運動学習は大脳皮質深部の神経細胞活動パターンとして記憶される 〜大脳皮質深部の神経活動を長期間にわたって記録することに世界で初めて成功〜

DNA量増加が根粒発生の開始を制御する 〜核内倍加の新たな役割を発見〜

2014. 05. 22 DNA量増加が根粒発生の開始を制御する 〜核内倍加の新たな役割を発見〜

メダカの体を黄や白に彩る色素細胞の多様性を生み出す仕組みが明らかに

2014. 05. 20 メダカの体を黄や白に彩る色素細胞の多様性を生み出す仕組みが明らかに

精子幹細胞の知られざる性質が明らかに ~幹細胞は異なる状態を繰り返し行き来する~

2014. 05. 02 精子幹細胞の知られざる性質が明らかに ~幹細胞は異なる状態を繰り返し行き来する~

自己細胞死を促すシステムの獲得が植物陸上化の鍵を握っていた! ~コケが水を運ぶ細胞や体を支える細胞を作る仕組みを世界で初めて解明~

2014. 03. 21 自己細胞死を促すシステムの獲得が植物陸上化の鍵を握っていた! ~コケが水を運ぶ細胞や体を支える細胞を作る仕組みを世界で初めて解明~

光合成反応調節のしくみ

2014. 03. 18 光合成反応調節のしくみ"ステート遷移"の解明

花の色素合成に関わり、花の色を濃くする新しいタンパク質を発見 〜新しい価値を持った花や果実の品種改良につながる可能性〜

2014. 03. 14 花の色素合成に関わり、花の色を濃くする新しいタンパク質を発見 〜新しい価値を持った花や果実の品種改良につながる可能性〜

SPIG1がBDNFのプロセシングを制御していることを発見

2014. 02. 26 SPIG1がBDNFのプロセシングを制御していることを発見

オジギソウの遺伝子操作に成功 〜植物の運動の仕組み解明への鍵技術の開発〜

2014. 02. 13 オジギソウの遺伝子操作に成功 〜植物の運動の仕組み解明への鍵技術の開発〜

青から赤へ 〜ペチュニアの花色を調節する遺伝子の発見〜

2014. 01. 28 青から赤へ 〜ペチュニアの花色を調節する遺伝子の発見〜