基礎生物学研究所 生物機能解析センター
[光学解析室 HOME へ]



−大型スペクトログラフ共同利用実験一覧表−

■共同利用実験のリスト(最近2年分)
【2016年度】
 
池畑 広伸 (東北大学 大学院医学系研究科)
   マウス皮膚における紫外線誘発突然変異の作用スペクトル解析:皮膚特異的変異誘発抑制応答の機構解明
 深町 昌司 (日本女子大学)
   メダカの交尾前生殖隔離行動に必要なスペクトル情報の取得
 小杉 真紀子 (中央大学)
   南極の気生緑藻Prasiola crispaの光合成の波長依存特性
 立花 和則 (東京工業大学 バイオ研究基盤支援総合センター)
   エダアシクラゲの配偶子放出を誘起する光刺激に関わる光需要タンパク質の同定
 皆川 純 (基礎生物学研究所)
   藻類の光防御メカニズムの光強度・波長応答性の探索
 高橋 俊一 (基礎生物学研究所)
   サンゴ共生藻類「褐虫藻」の走光性と特性と意義 
 永田 謙二 (名古屋工業大学大学院 工学研究科)
   構造用複合材料における光劣化メカニズムV
 有元 佐賀惠 (岡山大学大学院医歯薬学総合研究科)
   紫外線単独、ならびに化学物質共存下での突然変異・DNA損傷誘起に関する研究
  中山 奈津子 (瀬戸内海区水産研究所)
   有毒渦鞭毛藻類における走光性の作用スペクトル取得
 真野 昌二 (基礎生物学研究所)
   寄生植物ネナシカヅラの寄生根誘導に関する光質特性の解析

【2015年度】
 
池畑 広伸 (東北大学 大学院医学系研究科)
   マウス皮膚における紫外線誘発突然変異の作用スペクトル解析:皮膚特異的変異誘発抑制応答の機構解明
 深町 昌司 (日本女子大学)
   メダカの交尾前生殖隔離行動に必要なスペクトル情報の取得
 立花 和則 (東京工業大学 バイオ研究基盤支援総合センター)
   エダアシクラゲの配偶子放出を誘起する光刺激に関わる遺伝子の解析
 小池 裕幸 (中央大学)
   南極の気生緑藻Prasiolacrispaの光合成の波長依存特性
 広瀬 侑 (豊橋技術科学大学 環境生命工学系)
   シアノバクテリアの光色応答の解析
 永田 謙二 (名古屋工業大学大学院 工学研究科)
   構造用複合材料における光劣化メカニズムIV
 有元 佐賀惠 (岡山大学大学院医歯薬学総合研究科)
   紫外線単独、ならびに化学物質共存下での突然変異・DNA損傷誘起に関する研究
  紫加田 知幸 (瀬戸内海区水産研究所)
   有毒渦鞭毛藻類における走光性の作用スペクトル取得
 Giovanni Finazzi (CEA Grenobie(France))
   effect of photoreceptors on photoprotection in microalgae
 高橋 俊一 (基礎生物学研究所)
   サンゴに共生する褐虫藻乃走行性と特性と意義
   

■共同利用実験 成果論文リスト
I. Original Papers (1982-2016) → リスト一覧
II. Reviews (1983-2016) → リスト一覧

−最近の主立った研究業績−
■論文

Allorent, G., Tokutsu, R., Roach, T., Peers, G., Cardol, P., Girard-Bascou, J., Seigneurin-Berny, D., Petroutsos, D., Kuntz, M., Breyton, C., Franck, F., Wollman, FA., Niyogi, KK., Krieger-Liszkay, A., Minagawa, J. and Finazzi G. (2013)
A Dual Strategy to Cope with High Light in Chlamydomonas reinhardtii.
Plant Cell. (in press) [ 
PubMed ]
press release

Ikehata, H., Higashi, S., Nakamura, S., Daigaku, Y., Furusawa, Y.,Kamei, Y.,  Watanabe, M., Yamamoto, K., Hieda, K., Munakata, N. and Ono, T.(2013)  
ActionSpectrum Analysis of UVR Genotoxicity for Skin: The Border Wavelengths between UVA and UVB Can Bring Serious Mutation Loads to Skin.
J. Invest. Dermatol. (in press) [
PubMed]

Shikata, T.,  Matsunaga, S.,  Iseki, M., Nishide, H., Hhigashi,S-I., Kamei, Y., Yamaguchi, M.,  Jenkinson, I. R.and  Watanabe, M. (2013)
Blue light regulates the rhythm of diurnal vertical migration in the raphidophyte red-tide alga Chattonella antiqua.
J. Plankton Res. 1-11. (
in press)

Karahara, I., Takaya, E., Fujibayashi, S., Inoue, H., Weller,  J. L., Reid, J. B. and Sugai, M. (2011)
Development of the Casparian strip is delayed by blue light in pea stems.
Planta , 234, 1019-1030.  [ 
PubMed ]

Shikata, T., Iseki, M., Matsunaga, S., Higashi, S., Kamei, Y. and Watanabe, M. (2011)
Blue and Red Light-Induced Germination of Resting Spores in the Red-Tide Diatom Leptocylindrus danicus.
Photochem. Photobiol. 87, 590-597.  [ 
PubMed ]

Arimoto-Kobayashi, S., Sano, K., Machida, M., Kaji, K. and Yakushi, K.(2010)
UVA activation of N-dialkylnitrosamines releasing nitric oxide, producing strand breaks as well as oxidative damages in DNA, and inducing mutations in the Ames test.
Mutat.Res. 691, 47-54.  [ 
PubMed ]


−過去の主立った研究業績−

 生体反応を制御する光信号のセンサー系を現象・実体の両面から研究している。特に、最近一人三役の新奇青色光センサー、光活性化アデニル酸シクラーゼを発見し(Iseki et al. 2002 Nature 415, 1047-1051)、その光活性化や細胞機能光スイッチングの機構解明に力を入れている。

 

■論文
Iseki, M., Matsunaga, S., Murakami, A., Ohno, K., Shiga, K., Yoshida, K., Sugai, M., Takahashi, T., Hori, T. and Watanabe, M. (2002). A blue-light-activated adenylyl cyclase mediates photoavoidance in Euglena gracilis. Nature 415, 1047-1051.  [ PubMed ]