光学解析室 メンバー                                             

                                                                                                         光学解析室ホームへ戻る


特任准教授 Associate Professor (Specially appointed)

亀井 保博 Yasuhiro Kamei Ph.D. ykamei*nibb.ac.jp (「*」を「@」に変換して下さい) 

NIBBリサーチフェロー NIBB Research Fellow
坂本 丞 Joe Sakamoto Ph.D.


技術職員 Technical Staff

近藤 真紀 Maki Kondo (大型スペクトログラフ・DSLM・透過電子顕微鏡担当)
斎田(谷口) 美佐子 Misako Taniguchi-Saida (顕微鏡担当)


技術支援員 Technical Assistants

市川 千秋 Chiaki Ichikawa (大型スペクトログラフ担当)
石川 あずさ Azusa Ishikawa (明大寺顕微鏡担当)
中川 真美 Mami Nakagawa (山手顕微鏡担当)


(協力)以下の技術に関して協力していただいている方
《ライトシート顕微鏡・FV1000-MPE》
 (野中研究室

准教授(併任) 野中 茂紀 Shigenori Nonaka Ph.D.

画像解析・画像処理》 (新分野創成センター・イメージングサイエンス研究分野

特任助教 木森 義隆 Kimori Yoshitaka Ph.D.
特任助教 加藤 輝 Kato Kagayaki Ph. D.  


《顕微鏡開発
研究員 服部 雅之 Masayuki Hattori Ph.D.

担当教官の研究概要

 本研究室では「光」を使った非侵襲的な遺伝子発現誘導顕微鏡と、遺伝子の変異体ライブラリーから作製した変異体を組み合わせて、「個体レベル」での遺伝子機能解析を行っている。研究対象としては光学的アプローチに適し、ゲノムなどの情報が完備されたモデル生物である「メダカ」を使っている。遺伝子発現誘導顕微鏡とは、生体内の単一細胞に赤外線を照射することで熱ショック応答により目的の遺伝子発現を誘導するIR-LEGO法(Kamei et al. Nat. Methods 2009)である。一方で、変異体を逆遺伝学的に作製できるTILLING法(Taniguchi et al. Genome Biol. 2007)により得たメダカに、トランスジェニック技術を使って熱ショックで遺伝子発現を操作できるようにする。これら技術を組み合わせて、生きた個体の中の遺伝子を操作し、生体内における様々な遺伝子の機能解析を目指している。(研究内容詳細)

担当教官の業績リスト

Original papers 
総説・著書等