利用方法                                                                      光学解析室ホームへ戻る

大型スペクトログラフ(分光器)と高度化システム を利用するには

 内規 共同利用実験の募集 を参考に、年度ごとに大型スペクトログラフ共同利用実験への申請を行い、採択通知を受けてからご利用可能となります。 申請までの流れ
その後の利用方法は、「ガイド」 をお読み下さい。
大型スペクトログラフ 予約スケジュール は 閲覧(繋がらない場合はこちらのみ可能です。
 お問い合わせは、TEL: 0564-55-7630  E-mail: ols*nibb.ac.jp までご連絡下さい。
 (「*」を「@」に変換してください)


顕微鏡を利用するには

 
 顕微鏡を利用する方は、年度毎に登録申請を行ってから使用して下さい。
登録申請の手順は以下のとおりです。(登録の流れ図
(※外国人の方は、光学解析室 TEL: 0564-55-7535  E-mail: img*nibb.ac.jp まで
お問い合わせ下さい。) (「*」を「@」に変換してください)

 1)光学解析室 顕微鏡利用内規 ・ 顕微鏡使用上のルール を熟読。
 2)年度初めに行う「顕微鏡ユーザー講習会」を受講。
  *以前受講した方は、毎年受講する必要はありません。
 「顕微鏡ユーザー登録申請書」に必要事項を記入し、光学解析室まで提出。
 
  *年度毎の登録申請が必要です。
  *申請書は日本語版と英語版それぞれ新規用と継続用があります。
  *申請書受理後、光学解析室のメーリングリストへ登録させていただきます。  
  *両面印刷でご提出下さい。  

ファイル名

形式

顕微鏡ユーザー登録申請書_2017年度新規用

Word

PDF

顕微鏡ユーザー登録申請書_2017年度継続用

Word

PDF

Application Form for registration of Microscopy User 2017_Newuser

Word

PDF

Application Form for registration of Microscopy User 2017_Repeater

Word

PDF


 4)顕微鏡予約システムの登録を各自で行う。
     顕微鏡予約方法
          顕微鏡予約ページ
  光学解析室主催の「顕微鏡ユーザー講習会」(機種によっては指定する講習会を追加する場合があります)を受講し、「顕微鏡ユーザー登録申請書」を提出していただくことで、「登録ユーザー」となり、光学解析室の顕微鏡の使用を許可します。
  

DSLM (Digital Scanned Light-sheet Microscope)を利用するには

 野中研究室 へお願いいたします。

注意事項

大型スペクトログラフ 内規 ・光学解析室顕微鏡 利用内規 を必ずお読みの上、下記の点に留意して利用して下さい。

  • 共同利用の為の装置ですので多くの人が使用します。ルールを守って利用して下さい。(守って頂けない場合は利用を停止する場合もあります。)
  • 初めて使用する場合は必ず光学解析室まで事前に連絡下さい。操作方法の解説などを行います(新規設置後や、ユーザーの多い機器はセミナー・説明会を行いますのでそちらにも参加下さい)。
  • 予約はオンライン予約システム(会議室予約システムと同じ形式)を利用して下さい。予約は所内からのみ可能です。ただし、大型スペクトログラフに関しては光学解析室を通しての予約となります。 顕微鏡予約ページ・ 大型スペクトログラフスケジュール 閲覧  (繋がらない場合はこちら
  • 顕微鏡類の利用時間は原則8:30〜17:15です。時間外の利用は、利用者の責任において行ってください。スタッフのサポートは行えません。
  • 大型スペクトログラフの利用時間は原則8:30〜17:15ですが、照射時間は9:00〜17:00となります。装置の性質上利用者による操作はできませんので時間外の照射はお断りします。ただし、「時間外利用申請書」を提出頂いた場合は、研究遂行上正当な理由があると認められ、スタッフの都合がつけば時間外照射を許可することもありますので事前にご連絡下さい。
  • 利用者の過失による機器の故障および破損に伴う修理費は、原則として利用者の負担となります。

成果報告のお願い

 【成果論文リスト】  大型スペクトログラフ ( Original Papers ・ Reviews )
               顕微鏡類
 
光学解析室の装置等を利用した研究成果を発表するときは、当施設を利用した旨を明記し、公表後に別刷(またはコピー)を当施設に提出して下さい。                                                                                                                                                                                   例:
・本研究は、基礎生物学研究所 生物機能解析センター 光学解析室の機器を使用して行った。      
・This work was supported by Spectrography and Bioimaging Facility, NIBB Core            Research Facilities.
・We thank Spectrography and Bioimaging Facility, NIBB Core Research Facilities for
technical support.
・Confocal images were acquired at Spectrography and Bioimaging Facility, NIBB Core Research Facilities.

● 大型スペクトログラフ共同利用実験をご利用の場合
・This study was carried out  under the NIBB Collaborative Research Program for the Okazaki Large Spectrograph  (○○-○○*).
        *採択通知により連絡される課題番号を記入すること。 

● 共同利用研究の成果論文
の場合
・This work was supported by NIBB Collaborative Research Program(○○-○○*) to **.
                *採択通知により連絡される課題番号を記入すること。
                **研究代表者イニシャル

予約方法

大型スペクトログラフのスケジュールは 閲覧 のみ可能です(繋がらない場合はこちら)。直接予約はできません。詳細は ols*nibb.ac.jp または0564-55-7630まで連絡下さい。(「*」を「@」に変換してください)

顕微鏡予約はオンラインで行っております。顕微鏡の使用に関する注意書き をお読みの上、同ページにあるリンク先から顕微鏡予約システムに移動して、各自で予約を行って下さるようにお願いいたします。予約状況の閲覧も同じリンク先から行えます。

予約方法は「会議室予約システム」に準じていますので 会議室予約システムユーザーマニュアル を参考にして下さい。最初にユーザー登録を行って下さい。その後予約が可能となります。不明な点は img*nibb.ac.jp または内線(7630)まで連絡下さい。(「*」を「@」に変換してください)

予約の取り消しもオンライン顕微鏡予約システムで行えます。予約の必要が無くなったときは速やかに各自予約の削除をお願いします。