TOP > IBBPセンター > IBBPセンター設備 

IBBPセンター

IBBPセンター設備

自然科学研究機構内に新しく開設されました

2階建て総床面積 約500平方メートル
震度7クラスの地震にも耐えられる通常の約1.5倍の耐震性建築
ガス及びディーゼル発電の2段階の非常用電源を設置
液体窒素自動供給システムを設置し、保管用液体窒素タンクに液体窒素を自動充填する他、タンク内の液体窒素量の減少が検知された時も自動で規定値まで充填
生物遺伝資源保管用液体窒素タンク・種子保存室などの温度などをモニタリングするための機器監視システム
ユーザーによるセンター内設備や機器の利用

設備

最先端の設備が揃っています

生物遺伝資源を安全に保管するため、また超低温保存技術開発のために、液体窒素凍結保存システムを始めとした数々の設備や機器が揃っています。

設置されている設備
  • 1.液体窒素凍結保存システム
    • 生物遺伝資源保管用液体窒素タンク (液相式及び気相式)
    • 液体窒素自動供給システム
    • 液体窒素製造装置
  • 2.種子保存室(4℃、湿度30%以下)
    • ドライキャビネット
  • 3.機器監視システム
  • 4.セキュリティシステム
  • 5.生物遺伝資源管理データベース
  • 6.輸送用超低温保存容器(ドライシッパー)
  • 7.生物遺伝資源保管用容器
  • 8.超低温保存技術開発用機器
    • プログラムフリーザー IceCube 14M-A [SY-LAB]
    • 高圧凍結装置 EM PACT [Leica]
    • 真空冷却加熱ステージ 10086L [ジャパンハイテック(株)]
    • 示差走査熱量計(DSC) Q Series TM [ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン(株)]
    • ミクロ天秤 XP56 [メトラー・トレド(株)]
    • 蒸気圧法オズモメーター [Wescor Inc.]
  • 9.その他機器
    • ラボオートメーションシステム
      • 96/384ヘッド自動分注装置及び熱シールシステム
      • 8ヘッド自動ヒットピッキングシステム
    • シークエンサー
      • 24キャピラリー塩基配列解析装置
    • バクテリア培養装置一式
      • バイオハザードキャビネット、大腸菌インキュベーター、384Wellマイクロプレートリーダー、プレート遠心機、マイクロプレート自動分注装置、PCR装置、オートクレーブ、レプリカ作成装置
    • 動物植物細胞培養装置一式
      • クリーンベンチ、CO2インキュベーター、低温インキュベーター、バイオトロン、光照射型振盪培養器
    • 顕微鏡                        
      •  倒立型蛍光顕微鏡、正立型位相差顕微鏡、蛍光実体顕微鏡
    • その他                      
      •  超純水装置、製氷機
    •                 

施設の利用について

施設の利用は以下のいずれかの枠組みで利用が可能です。

1.バックアップ保管による施設利用

2.生物遺伝資源新規保存技術共同利用研究による施設利用

3.基礎生物学研究所の個別共同利用による施設利用

施設利用の申請手順