TOP > 共同利用研究・技術講習会

共同利用研究・技術講習会

IBBP ラット生殖技術講習会 2017

概要

 ラットは、医学・生物学研究に広く利用されている実験動物である。近年では、ゲノム編集技術により、多様な遺伝子改変系統が作製され研究に用いられており、また遺伝資源として保存されている。遺伝子改変ラットの作製・保存においては、生殖技術が必要である。そこで本講習会では、ラットの生殖技術についての講義・実習を行うことでラットを用いた研究推進を支援する。

 

日程

2017年12月14日(木)~15日(金)

 

場所

基礎生物学研究所 IBBPセンター

〒 444-8787 愛知県岡崎市明大寺町字東山 5-1

 

実習内容

・ラット胚の採取

・ラット胚の凍結保存と融解

 

講師


金子 武人(岩手大学 大学院総合科学研究科理工学専攻)

竹鶴 裕亮(自然科学研究機構 基礎生物学研究所 IBBPセンター)

成瀬 清 (自然科学研究機構 基礎生物学研究所 IBBPセンター)

 

対象者

国内の大学・研究機関に所属する研究者・学生

 

申込

申込締切:2017年11月6日(月)

募集定員:6 名程度

申込方法:下記、参加申込書をダウンロードし、ご記入のうえ事務局(workshop(at)nibb.ac.jp)宛にお送りください。
※(at)を@に替えてください
なお、件名を「ラット生殖技術講習会2017申込」としてください。

参加申込書(Word)

応募者多数の場合、選考となります。受講の可否は11月中旬頃にメールにてお知らせします。

 

受講料

10,000 円(旅費・宿泊費の補助はありません)

講習会終了後に交流会を行います。
 参加ご希望の方は交流会参加費として4,000円を徴収させていただきます。
 交流会への参加については申し込みの際にご連絡ください。

 

スケジュール (予定)

●12月14日(木)第1日目

12:30 受付

13:00 挨拶および実習概要説明

13:30 動物実験講習会用ビデオの視聴

    IBBPについて

13:50 講義:ラット生殖工学、実習1,2の説明

14:00 実習1:キャピラリーピペット作製、前核期胚採取

    休憩

16:30 実習2:前核期胚の培養

18:30 交流会(東岡崎駅周辺)

 

●12月15日(金)第2日目

10:00 講義:実習3の説明

10:30 実習3:2細胞期胚の凍結保存および融解

12:00 終了

 

その他

・持ち物:白衣

・宿泊について
 講習会当日はロッジが満室のため、各自でホテル等予約してください

 

アクセス

東岡崎駅から基礎生物学研究所(山手地区)IBBPセンターまで約1.5 km

東岡崎駅南口バスターミナルより名鉄バス「竜美丘循環」に乗り竜美北一丁目下車(所要時間5分)、さらに徒歩で3分

 

オーガナイザー

金子 武人(岩手大学 大学院総合科学研究科理工学専攻)

成瀬 清 (自然科学研究機構 基礎生物学研究所 IBBPセンター)

     

主催

自然科学研究機構 基礎生物学研究所 IBBPセンター(大学連携バイオバックアッププロジェクト)

岩手大学 大学院総合科学研究科理工学専攻

 

お問合せ

IBBP技術講習会事務局

e-mail : workshop(at)nibb.ac.jp  ※(at)を@に替えてください

TEL : 0564-59-5930, 5931