English

大学共同利用機関法人 自然科学研究機構

基礎生物学研究所

人材募集

研究教育職員 募集情報 募集終了

基礎生物学研究所 新規モデル生物開発センター助教の公募について

募集内容

岡崎総第2-2号
2019年6月10日
各機関の長 殿
関係各位
 
大学共同利用機関法人自然科学研究機構
             基礎生物学研究所長 阿形 清和[公印省略]
 
大学共同利用機関法人自然科学研究機構基礎生物学研究所
新規モデル生物開発センター助教の公募について
 
自然科学研究機構基礎生物学研究所では、下記で助教の公募を行います。関係各位におかれましては、適任者の推薦、希望者への周知方よろしくお願いします。
 
                  記
 
1.所属・職・人数
新規モデル生物開発センター 助教 1名
 
2.職務内容
 新規モデル生物開発センターの重信研究室では、共生のメカニズムとその進化について研究を行っています。昆虫アブラムシと細菌の細胞内共生などが主な研究材料です。バイオインフォマティクスと実験生物学の融合的な研究アプローチが大きな特徴で、最先端のゲノム科学をはじめ、ゲノム編集、生化学、イメージング、構造生物学など多様な手法を積極的に導入し、共生の分子レベルおよびゲノムレベルの理解を目指しています。この度、上記の研究を、部門教授とともに精力的に取り組める助教を募集します。
 関連する分野において優れた研究業績を有し、さらに研究を通して大学院生(留学生を含む)の教育にも熱意を持って関わることのできる人物が望まれます。また、当研究所は大学共同利用機関ですので、幅広い分野・研究機関の研究者と積極的に交流して研究を展開する姿勢も望まれます。
 
3.応募資格
(1)博士号取得者(取得見込みを含む)。
(2)上記の研究に熱意を持って取り組める者。
 
4.任期
5年(任期更新可)
※基礎生物学研究所任期規則の定めによる。詳細は、基礎生物学研究所Webページ [http://www.nibb.ac.jp/about/recruit/recruit_academic.html]から参照できます。
 
5.給与等待遇
(1)給与:給与(基本給関係、諸手当関係)は、自然科学研究機構の規程の定めによる。
(2)勤務形態:常勤、職員就業規則の定めによる(裁量労働制適用)。
(3)勤務場所:自然科学研究機構 基礎生物学研究所 明大寺地区(岡崎市明大寺町字西郷中38)
(4)保険等:文部科学省共済組合、雇用保険、労災保険へ加入。
 
6.採用時期
2019年10月1日以降、できるだけ早期(着任時期は応相談)
 
7.応募締切
2019年8月26日(月)(必着)
 
8.申し込み方法
以下の書類を電子メールに添付してお送りください。(添付書類のファイルサイズが10MBを越えないようにご注意下さい)
(1)履歴書(様式自由、e-mailアドレス記入、写真貼付)
(2)業績目録(原著論文・競争的資金獲得状況・その他)および主要論文(5編以内)のPDF。「その他」には能力の評価に参考になる情報を適宜加えて結構です(例:書籍、開発ソフトウェア、特許など)。
(3)これまでの研究の概要(A4用紙 2ページ以内)
(4)志望動機(A4用紙 1ページ以内)
(5)応募者の照会が可能な方2名の氏名と連絡先
 
9.書類送付先及び問い合わせ先
〒444-8585 岡崎市明大寺町字西郷中38
自然科学研究機構 基礎生物学研究所
新規モデル生物開発センター
担当者:重信秀治
E-mail: shige@nibb.ac.jp
 
10.備考
(1)男女共同参画
①基礎生物学研究所は、男女雇用機会均等法を遵守し、男女共同参画の推進に取り組んでいます。
②基礎生物学研究所は業績の評価において同等と認められた場合には、女性を積極的に採用します。
③産前産後休暇・育児休業又は介護休業を取得した場合は、履歴書等にその期間を明記していただければ、それを考慮します。
http://www.nibb.ac.jp/about/equality.htmlを参照下さい。
(2)個人情報の取扱い
応募に係る個人情報は個人情報保護法及び本機構規程に基づいて適切に管理し、選考および採用の目的以外には使用いたしません。本取扱いに同意の上、応募書類をご提出ください。

本公募内容のPDFはこちら