トレーニング

画像解析トレーニング

研究支援担当者:上野 直人
基礎生物学研究所・形態形成研究部門

トレーニングコースの目的・概要
画像解析は画像データから有用な情報を抽出するために必須の手段であり、近年の生物科学分野における諸課題を解決するためには欠くことのできないものとなっています。画像解析は、顕微鏡等による画像取得から結果の出力に至るまで様々な過程で構成されますが、とりわけ重要になるのが画像処理過程になります。画像処理には、画像の離散化、画像強調、2値化、画像変換やフィルタリング等の様々な技術が用いられますが、最適な結果を得るためには、これらの理論的背景を理解したうえで、要素技術を選択し、効果的に組み合わせていく必要があります。しかしながら、これまでの生物学の大学・大学院教育においては、このような内容はあまり取り上げられてはきませんでした。本トレーニングコースでは、画像処理アルゴリズムの基礎原理の講義からはじめ、それを踏まえたうえで、たんぱく質分子や細胞、組織レベルの対象における、様々な生物・医学画像の解析を実習します。これを通じ、標準的な技術の習得とともに、受講者自らの研究に還元できるような画像解析の基礎固めを行うことを目的とします。

コース内容
基礎的内容
・情報理論の基礎
・画像の標本化と量子化
・ディジタル画像データの特性
・画像変換
・空間領域および周波数領域におけるフィルタリング
・セグメンテーション
・mathematical morphologyを用いた画像処理
・ImageJ/Fijiを用いた画像処理・解析演習
・ImageJマクロ

応用的内容
・生物画像データの特性
・形状情報の定量化
・輝度情報の定量化
・画像分類、パターンマッチング
・物体追跡と動きの評価

対象とする受講者
大学生、大学院生、ポスドク研究員、教員 (自らの研究で画像解析を実施しているか今後,実施することを計画している方)

受講者レベル
初心者から中級者

開催場所
自然科学研究機構基礎生物学研究所 (愛知県岡崎市明大寺町西郷中38)

開催頻度
年1回

  • 平成27年度生物画像データ解析トレーニングコースの様子