トレーニング

電子顕微鏡法トレーニング

研究支援担当者:宮澤 淳夫
SPring-8キャンパス、兵庫県立大学

トレーニングコースの目的・概要
電子顕微鏡観察法と試料作製法のトレーニングを行う。最先端のクライオ技法をメインに、生物試料の高圧凍結から始まるクライオワークフローとして、凍結試料の凍結割断法、凍結切削法などの凍結試料作製法、ならびに作製した凍結試料のクライオTEM/SEM観察法についてのトレーニングを、それぞれの技法ごとに年数回に分けて実施する。さらに、一般的な電子顕微鏡法、各種の試料作製法についての相談や技術トレーニングについても、個別に対応する。

コース内容
  試料作製から電子顕微鏡観察まで
    基礎技術:常温下での技術支援(化学固定、樹脂包埋、常温切削、電子染色、 TEM/SEM観察)
    応用技術:凍結技法における技術支援(高圧凍結、凍結割断、凍結切削、クライオTEM/SEM観察)

対象とする受講者
  電子顕微鏡法の初心者から中級者程度。大学院生、ポスドク、または大学/研究機関等の研究者。

開催場所
  兵庫県立大学 SPring-8キャンパス

トレーニングコースホームページ
  作成中

  • 加速電圧200KVの透過型電子顕微鏡:電子線トモグラフィー観察、およびクライオトランスファーホルダを用いたクライオTEM観察を行うことができる。

  • 凍結ウルトラミクロトーム:液体窒素冷却チャンバーを装着し、凍結試料の超薄切削が可能。
    防霜用の囲いを取り付け、コンタミネーションを軽減させている。