光学顕微鏡支援

超解像顕微鏡支援

研究支援担当者:岡田 康志
理化学研究所・生命システム研究センター

誘導放出制御顕微鏡(STED)、スピニングディスク超解像顕微鏡(SDSRM)、蛍光分子局在化法(PALM/STORM/GSDIM)など、各種超解像顕微鏡法について、手法の選択・試料調製から観察・画像取得までを包括的に支援できる体制を整える予定です。

  • 2重染色の作例
    微小管(赤)
    MAP4(シアン)
    左側は共焦点画像
    右側はSTED画像

  • SDSRMの作例
    ミトコンドリア外膜
    (TOMM20-Emerald)
    左側は通常像
    右側はSDSRM画像

  • STED顕微鏡
    Leica SP8-STED3X
    励起用にWLL(白色パルスレーザー),
    Depletion用に 592nm, 660nmが
    搭載されています。

  • スピニングディスク超解像顕微鏡
    (SDSRM)
    横河CSUベースの市販機とは異なり、
    当研究室でオリンパスと共同開発
    したDSUベースのオリジナルです。