光学顕微鏡支援

海洋生物イメージング解析支援

研究支援担当者:稲葉一男
筑波大学・下田臨海実験センター

海産生物は生命の源であり、そのイメージングの成功は新たな生命原理の解明につながります。しかし海産生物には採集、飼育維持、調製など、ライフサイエンスに用いられるモデル生物にはない困難が伴います。本支援では、海産生物の生殖や発生、行動、生態など多岐にわたる海産生物生理に重要な細胞運動(特に高速運動)の光学顕微鏡観察とイメージングの支援を行います。研究室が臨海施設にある利点を生かし、研究材料の飼育・ハンドリングから生物試料の調製を含めた、海産生物のイメージングを全般的に支援します。具体的には繊毛の高速運動記録と解析、精子・遊走子・幼生・原生生物・プランクトンの行動解析とカルシウムなどのイメージング、細胞骨格解析などが主な内容ですが、それ以外の内容でも相談に応じます。

  • 海洋調査船、潜水、磯採集などさまざまな採集方法を駆使して、研究材料である海産生物を採集します。大型生物は屋外水槽にて維持します。

  • 生物の長期飼育に必要な恒温屋内循環水槽も完備しています。幼生の飼育など、食餌と維持に関するノウハウもあります。

  • 当研究室では繊毛の高速運動解析を基本に、精子・遊走子・微細藻類・原生生物・動物幼生などのカルシウムイメージングや行動・進化を研究しています。

  • 海産生物の行動軌跡を記録し、速度や曲率などを定量的に解析します。パラメータ設定などを工夫し、多様な生物、行動パターンに対応します。

  • 高速に運動する繊毛の振動や波形パターンを高速カメラで記録し、解析ソフトウェアで定量解析します。

  • カルシウムなどの細胞内シグナル分子の挙動をLEDストロボ照射により可視化します。多様な分子に対応すべく、システムに改良を重ねています。