光学顕微鏡支援

二光子蛍光寿命イメージング支援

研究支援担当者:村越 秀治
生理学研究所、脳機能計測・支援センター

2光子蛍光寿命イメージング顕微鏡によるFRETイメージング支援を行う。被支援者が作製したプローブ(事前に詳細を相談)を遺伝子導入し、培養細胞や組織内で分子の会合状態や局在を観察することができる.また、Ras/RhoA/Rac/Cdc42/CaMKIIの活性化プローブについてはこちらで準備しているため、すぐに観察を行うことができる。免疫沈降等では得られない細胞内分子の時空間情報を比較的簡便に得ることができるのが本手法の特徴である。

  • 培養細胞内分子活性化イメージング
    写真はMurakoshi et al. Sci. Rep.より改変転載

  • 脳組織神経細胞内分子活性化イメージング
    2-photon image

  • 脳組織神経細胞内分子活性化イメージング
    2pFLIM image

  • 利用する設備:
    2光子蛍光寿命イメージング顕微鏡2台
    2台のTi:Saレーザーにより、イメージングと光刺激を同時に行うことができる.利用できる波長は720~1000 nm.