画像解析支援

生物画像解析のコンサルテーションと技術支援

研究支援担当者:檜垣 匠
熊本大学・国際先端科学技術研究機構

支援担当者は蛍光顕微鏡観察と画像解析による植物細胞形態・細胞骨格構造の定量評価に関する研究を展開しています。本支援班では、主に光学顕微鏡などによって得られた生物画像の処理、定量評価、分類などの解析を支援します。また、実験系生物科学者の立場から、画像解析を前提にした顕微鏡観察実験全般のコンサルテーションを実施します。

  • 細顕微鏡画像に写る対象物の形の抽出と計測を支援します。面積や円形度などの基本的な尺度だけでなく、支援対象者が興味を持つ生物学的現象を評価できる尺度についても開発と計測を支援します。

  • 共焦点顕微鏡などによって得られた連続光学切片画像に基づく対象物の立体形状の抽出と計測を支援します。

  • 細胞骨格など繊維状の生物構造の特徴の定量評価を支援します。繊維が織り成す多面的な特徴を捉えるべく、配向、束化、密度など多様な特徴の計測にも対応します。

  • タンパク質など特定の分子が蛍光標識された顕微鏡画像に基づく分子の空間分布やその時間変化の定量評価を支援します。

  • 画像から計測される生物学的な数値尺度に基づいて、撮影対象の類似性評価や分類などの解析を支援します。

  • 画像解析を前提にした顕微鏡観察実験全般のコンサルテーションを実施します。